人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

景品表示法(法律)に詳しい方、教えてください。
アイデアとして、『一般消費者から貧しい子供達への募金を募り、その中から抽選で世界一周旅行をプレゼントする』を持っています。
これは、景品表示法のクローズド懸賞の『一般懸賞(商取引をし抽選権を得る)の場合、景品上限は10万円』に引っかかるのでしょうか?
また、法律に引っ掛かるのであれば、上記のアイデアベースで、こういうやり方であれば、法律には引っ掛からないというお知恵をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

●質問者: takahiroad
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:アイデア クローズド懸賞 プレゼント ベース 世界一周
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun
●20ポイント

参考:富くじ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E3%81%8F%E3%81%98

賭博及び富くじに関する罪:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AD%E5%8D%9A%E5%8F%8A%E3%81%B...

◎質問者からの返答

ありがとう御座います。富くじに、抵触するとの情報、ありがとう御座います。


2 ● taroe
●20ポイント

第二条 3

この法律で「景品類」とは、顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引(不動産に関する取引を含む。以下同じ。)に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、内閣総理大臣が指定するものをいう。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO134.html

まず、そのようなものは「景品」して認められないのです。

寄付を募る目的のために、景品を出すのはこの法律では想定されてないのです。

拡大解釈できたとしても、クローズドからは逃れられません。

回答者1のようにできないのは、寄付をした人から高額の景品を出したいということですから。

(目的)

第一条 この法律は、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを目的とする。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO134.html

この法律は、このためにありますから、これに反したことをするのは違法です。

高額の景品であおることは、駄目なんです。

また景品を出すためには、事業者でないと駄目なのですがそのところはクリアできると考えてよろしいですか?

単なる個人や団体では駄目ですよ。

◎質問者からの返答

事業者となります。 ありがとう御座います。


3 ● papavolvol
●20ポイント

自分で宝くじを販売することは、法律で禁止されています。刑法187条(富くじ発売等)です。

寄付が目的だとしたら、商品の有無に関係なく寄付する人は寄付するだろうと思います。

当選商品のを目当てに寄付をするとしたら、これは「宝くじ」ですね。

宝くじは法律で固められ、日本宝くじ協会、自治総合センターなど6公益法人の強力な利権です。仕分けの天下り問題でも話題になったように、6公益法人の歴代理事長43人全員が天下りだったそうですから、簡単にはいかないでしょうね。

はてなのiPhone画面はスクロールが機能しないので、乱筆乱文失礼します。

◎質問者からの返答

当選商品のを目当てに寄付をするとしたら、これは「宝くじ」ですね

⇒了解しました。 寄付を目的としていただく予定ですが、要検討します。


4 ● tomato35
●20ポイント

第二条 3

この法律で「景品類」とは、顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引(不動産に関する取引を含む。以下同じ。)に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、内閣総理大臣が指定するものをいう。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO134.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AD%E5%8D%9A%E5%8F%8A%E3%81%B...

宝くじは法律で固められ、日本宝くじ協会、自治総合センターなど6公益法人の強力な利権です。仕分けの天下り問題でも話題になったように、6公益法人の歴代理事長43人全員が天下りだったそうですから、簡単にはいかないでしょうね。

はてなのiPhone画面はスクロールが機能しないので


5 ● tomato35
●20ポイント

『一般消費者から貧しい子供達への募金を募り、【貧しい子供達】の中から抽選で世界一周旅行をプレゼントする』だったら、問題はなさそうです。

しかし、『一般消費者から貧しい子供達への募金を募り、【募金した一般消費者】の中から抽選で世界一周旅行をプレゼントする』だと、問題はあるでしょう。

そのダメだという根拠は、「景品表示法」ではなく、「賭博及び富くじに関する罪」の方です。つまり、「刑法187条(富くじ発売等)」にあたるでしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ