人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

容疑者Xの献身(動画) の 容疑者Xとは 誰であるか
問1)可能性のある人間を複数述べよ
問2) 個人を特定し、その理由を述べよ
ネタ可 ただし登場人物に限り、作中から類推できることに限る。

●質問者: 心は萌え
●カテゴリ:芸能・タレント 科学・統計資料
✍キーワード:ネタ 人間 動画 容疑者 容疑者Xの献身
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ホージョー
●35ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

URLはダミーです。

「動画」?

「映画」の事で宜しいでしょうか?

問1)

「容疑者Xの献身」のタイトルを分解しましょう。

「容疑者」より「作中疑われた人間である事」・・・(1)

「X」は数学上の未知数なので「数学、或いは数学を駆使する科学に造詣が深い事」・・・(2)

「献身」より「誰かの為に尽くした人である事」・・・(3)

の其々が容易に連想できる。

この三つの構成要件を満たす人物が『容疑者X』であると推定できます。

この条件を満たす人物は作中に二人おり、

一人は、

・富樫慎二殺害事件の容疑者であり(∴(1)を満たす)・・・(4)

・数学教師であり嘗て数学の天才といわれ(∴(2)を満たす)・・・(5)

・花岡母娘のアリバイ工作を行った(∴(3)を満たす)・・・(6)

(4)、(5)、(6)を満たす『石神哲哉』である。

もう一人は

・内海薫視点で挙動不審な行動を繰り返し行い(∴(1)を満たす)・・・(7)

・天才物理学者であり(∴(2)を満たす)・・・(8)

・容疑者になった石神の才能を最後まで認め続け、且つ犯人逮捕に協力した行動した(∴(3)を満たす)・・・(9)

(7)、(8)、(9)を満たす『湯川学』である。

問2)

次に二人の内から絞り込みに入る。

どちらか一方が「容疑者X」でないと合理的に証明できれば、もう一方が「容疑者X」であると示される。

ココで再びタイトル「容疑者Xの献身」に振り返り、今度は「の」に着目する。

原作の英訳版は「DEVOTION OF SUSPECT X」として販売されており、「の」は「of」の前置詞に対応するのは自明であり、

「献身」と「X」、「献身」と「容疑者」に包含関係がある。

(∴(3)は(2)を包括し、且つ(3)は(1)を包括する)・・・(10)

ココで二つの(4)と(6)の関係に注目する。

石神哲哉が(4)の条件を満たした理由は「隣人だから」であり、(6)とは無関係である。

よって、(3)から(1)の関係が成り立たない。

よって、「石神哲哉」は「容疑者X」では無い。

また、物理学者として警察の捜査に協力した湯川学は、(9)と(7)、(8)の関係を満たす。

以上から、「容疑者X」は「湯川学」である。

・・・・・・Q.E.D

◎質問者からの返答

すみません。地震騒ぎで てんやわんやしています。

湯川節 おもしろいです。


2 ● ryota11
●35ポイント ベストアンサー

>>では、容疑者Xはおっさん という事でもいいですよ。

わーい、ありがとうございます。

でも特例だし、これは単純な話なので気にくわなかったらポイントは結構です!



◆容疑者X=石神哲哉(おっさん)


【前提条件】

→実際に犯人であるし、警察にも疑われているので、これこそまさに容疑者。


「容疑者X」はおっさんだとする理由は以下です。

そもそも湯川は最初からお母さんが容疑者だということは分かった上で、物語に参加しているのですが、

ある石神の言葉から「石神のお母さんへの想い」に気づきます。


ところで「X」という記号は、よく仮定の対象を表す記号として用いられます。

特に数学のXを求める方程式を解く時なんかは、

「Xが仮に○という数字だったらこの式は成り立ちます」という意味で解を出すわけですよね。

この作品でも、Xの意味はそういうことだと思うのです。


話は戻って、「お前は若々しいな、うらやましいよ」という石神の言葉から、石神のお母さんへの想いに気づいた湯川は、

これまでの「容疑者=お母さん」という前提に、プラス容疑者Xを掛けあわせてみたらどうか、と考えます。


この状況を方程式で表すと、以下のようになります。

(c=解答=事件の全貌)

(a=事件、b=お母さんが容疑者)

●事件+お母さんが容疑者=アリバイが硬くて解決不能

(a+b≠c)

→これが湯川が物語に参加する前の状況。

●事件+お母さんが容疑者×容疑者X=事件の全貌

(a+bx=c)

→こっちは湯川が考えた状況。


つまり、湯川の仮定通り、容疑者Xが存在しないと事件は解決しないわけです。

この2番目の方程式を成立させるためにXに当てはめるべき人物は、

湯川が石神の想いに気づき、石神が容疑者であるお母さんと掛け合わさったらどうか?と考えていることから、「X=石神」であると考えました。


※あともう1つの考え方としては、

前半部分での容疑者は明らかに靖子ですが、後半に進むにつれて、石神自身のトリックにより容疑者は石神へと移行してゆきます。

つまり、単純に容疑者自体が石神になってしまい、この容疑者のことを容疑者Xと表現していると考えれば、

非常に単純ですが「容疑者X=石神」が成り立つと思います。





◆「容疑者X=湯川学」説


あと、この質問では「Xを複数答えよ」となっているので、一応もう1人も考えてみました。


【前提条件】


この説での「容疑者X」は殺人の容疑者でもなければ、殺人幇助の容疑者でもありません。

強いて言えば、「何やら怪しい」という容疑者です。

作品中で湯川学は、石神が靖子に想いを寄せていることに気づき、石神が事件に絡んでいるのではないかという仮定を立て、

自分なりに検証、考察しています。

その最中、内海やその他の警察関係者にもそのことは話しません。

内海は湯川に対して「何か考えていることがあるなら教えて下さい」的な発言をしており、湯川に対して疑惑を抱いています。

この「何やら怪しい」という状態を、「内海が思う容疑者X=湯川」とします。


ではこの容疑者X、つまり湯川の献身とは一体何なのか。

それは、「石神を疑っていながらその内容を警察には話さず、自分が石神のやっていることを暴いた上で、それでも警察には話さない」、

この行為が湯川の石神に対する献身です。


っていうなんとも素朴な説です。。

以上2点です。


度々ですが、これ特例なので気に食わなければポイントは不要です!

とっても好きな作品なので解答したかっただけなので!!

(好きなのは映画ではなく小説ですが)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B9%E7%96%91%E8%80%85X%E3%81%...

◎質問者からの返答

すみません。地震で慌ててました。後日ゆっくりどこかで、私の解答は公開しますが

湯川節おもしろいですね。

湯川が Xに当てはまると考えた 人が多かったのは、あるいみ安心しました。

個人的には、湯川が最初に言っていた、解けない方程式を理由にしました。

x4=1 が私の答えでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ