人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Inkspace で光のスペクトルを描画したい

画像制作ソフト "Inkspace" 日本語版で、

横長の長方形(幅 100 mm)を書いて、
その塗色を、左から、灰色(紫外線)→青→緑→赤→灰色(赤外線)として、
x軸の長さと、光の波長とを対応させる形で、グラデーションにしたいです。

つきましては、どのように操作すればよろしいでしょうか。

できれば、「左から○○mmが赤色」のように、厳密に塗りたいです。
また、光の波長とx軸とを対応させるようにするには、どのようなカラーセットを用いるべきかも、
ご存知でしたら、教えてください。

よろしくおねがいいたします。

●質問者: Inkscape
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:MM カラー グラデーション スペクトル ソフト
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Galapagos

オブジェクトの編集 >> グラデーション」が参考になります。


2 ● なぽりん

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%85%89%E7%B7%9...

ここにあるようなスペクトルを作りたいということですね。しかも、色が等間隔ではなく、正確に波長に比例させたいとのこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/HSV%E8%89%B2%E7%A9%BA%E9%96%93

HSV三刺激値空間は、放射測定されたものとしての物理的なパワースペクトルへの一対一の対応は技術的にサポートされてはいない。従って、HSV座標と波長や振幅といった物理的な光の性質のあいだに直接の比較を試みる一般的で妥当な方法は存在しない。しかしながら、もし物理的直感が必須であれば、以下のような「色彩測定」の心理物理的技術を用いて、HSV座標系を「擬似物理的な」性質に変換することは可能である。

・色相は色の主波長を定義し、色相はスペクトルに沿った波長位置を意味する。ただしインディゴから赤の間(およそ240-360度)は純紫線(ピュアパープルの線)上を示す。

・もし色相知覚が再現されれば、実際単色では主波長に位置する純粋なスペクトル色を利用し、「脱飽和」は適用された主波長の頻度分布あるいは単色光に同じ力の量の光(例・白)を加算することとだいたい同じことになるだろう。

HGSだと近似値になりそうでどうしたものかとおもっていたら

http://k-hiura.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-9c5b.html

RGBを波長変換できるサイトを発見。RGBの数値指定して波長部分を塗ればよいのでは。

で、RGB色指定とか、画面上で場所を指定する方法とかですが、フォトショはもちろん確実にできるのですが、普通は画面に物差しが出ませんね。

キャンバス拡大機能があるなら少しずつ拡大しながら該当色を白地にバケツ塗りしていけば、正確に長方形の幅を指定して色塗りできるとおもうのです。いかがでしょうか。

また、作図参考にhttp://www.iim.ics.tut.ac.jp/~yamawaki/inkscape/sample.htmlも発見しました。


3 ● toki-2131

カラーセットはすべて

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ