人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カメラマンの方に質問です。

あるライティングの本を読んでいたら
このような事が書かれていました。

「やわらかな光の中にも光量差をつくり自然光のように見せる」

そこで質問です。

「自然光のように見せる」のであれば、自然光で撮ればよいのに
風もなく天気が希望通りでも室内で撮る理由を教えてください。

よろしくお願いします。

●質問者: worldtravel
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:カメラマン 希望 自然
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Galapagos
●10ポイント

機材、衣装、小物を運ぶのが大変だから。

◎質問者からの返答

ありがとうございました


2 ● tama213
●60ポイント

外で撮影する場合は、

やわらかい自然光の状態のときに写さないとだめですし

太陽光が直接被写体にあたってる場合はなかなかそういう状態になりにくんです。

また影のでき方は太陽の位置によっても違うので、ベストの状態になるように写そうと

すると手間隙と時間がかかるので、室内撮影をしているのです。

室内撮影の場合、きれいに取れすぎると人間の目には不自然に映る場合もありますし

また、商品とかの写真の場合、現実感がないように感じられる方もおられます。

そこで、光量差をつくってその違和感を取り除くのがこの質問の手法で

カメラに詳しくない人でもわかるように、自然光という用語を使っているのだと思います。

あと、色の再現性もあります。太陽光で写すのとやはり違うのですが

室内だと一定の色再現性に調整して安定させることが可能ですので、どうしても室内撮影になります。

◎質問者からの返答

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ