人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福島第1原子力発電所1号機は、原子炉を冷却するための海水の注水を継続するそうですが、冷却に使った放射能を含む海水はどこへ流れていくのですか?


●質問者: jun2svaahaa
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:原子力発電所 原子炉 放射能 海水 福島
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● takumi-shimokawa-fiesta-plas
●27ポイント

また海に垂れ流しするそうです。

緊急であるとはいえ、環境汚染が叫ばれる時代に

どう対処するべきか、我々も考える必要があるようですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。冷却後の海水の行方についてはまったく報道されていませんので、心配ですね。


2 ● Shintaro
●27ポイント

普通ならば ろ過装置がついているのですが 現在そのような装置が機能していないため

また緊急のため そのまま海にながれると思います

ですが今水事態が原子炉の中で蒸気になってしまうとおもいます

◎質問者からの返答

わかりました。ありがとうございました。


3 ● pretaroe
●26ポイント ベストアンサー

通常の燃料棒は、軽水(普通の水)で満たされています。

これは燃料棒が密集している為、簡単に核分裂を起こし易いからです。

しかし水が中性子を吸収しやすいので、これで満たすことで核分裂の反応速度を下げるようにしています。

その為、減速材と呼ばれています。

この軽水の水位が下がるという事は、核分裂を起こし易い状態になり危険なので、この状態を回避する為、とりあえず海水で満たしてしまおうという事になったと思います。

これと同じく、ホウ酸(ホウ素)も、制御材と呼ばれる中性子を吸収する物質です。

通常は、今回の原子炉の型とは別の物に使用されますが、最善策として今回の物にも使用する事になったと思います。

http://soudan.qa.excite.co.jp/qa6589135.html

とりあえず、そのまま捨てないです。

こんなの捨てたら、ものすごい量の放射能が漏れたのと同じになります。



http://www.jnes.go.jp/bousaipage/sisetu/npp.htm

冷却に海水が用いられますが、直接触れないのでそのまま捨てられてるのは事実です。

◎質問者からの返答

通常循環している真水が減少してしまったので、その代わりに海水を入れてしまうということですね。とすると、海水は循環するので、海に放出されないですね。わかりました。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ