人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

メールの文章について
会社の目上の方が自分とは直接関係のない業務で非常に激務をこなしており、
業務連絡の他に何か敬服の念を込めた言葉を一つ文章として伝えたいと思っています。

どういう表現が妥当でしょうか。


例えば、目下や同僚相手であれば
○○プロジェクト大変激務と聞いています。ご苦労様です。

といった文章になると思いますがあえて目上の人にこのような言葉をかけるときの
言葉が思いつきませんので教えてください。

●質問者: pinkymonk
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:プロジェクト 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●27ポイント ベストアンサー

「自分とは直接関係ない」といっても、会社の仕事はどこかで貴方に繋がっています。

そこで「○○プロジェクト大変激務と伺っております。ありがとうございます」のように感謝の気持ちを伝えましょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「ありがとうございます。」「お世話様です。」

やっぱりこれらの言葉がしっくり来るんのですねぇ。


2 ● おかず
●27ポイント

「ご苦労様です。」は目下の人に対して使う言葉です。目上の人に対して「ご苦労様です。」と同じ言葉を言う場合は、「お疲れ様です。」を使います。

業務連絡の他に何か敬服の念を込めた言葉を一つ文章として伝えたいときは、挨拶としてに「○○プロジェクト、お疲れ様です。」や「お忙しい中、失礼致します。」や「ご多用中恐縮でございますが、」と書けばよろしいでしょう。

◎質問者からの返答

「ご多様中恐縮です。」ですか。いい言葉ですね。

ありがとうございます。


3 ● tama213
●26ポイント

プロジェクトでの活躍のうわさはこちらまで届いています。

とか、激務をこなしていることを周りは評価しているという一文をさりげなく

入れることが、目上の人に対する「敬服の念を込めた言葉」となります。

たんに激務でお疲れ様ですとかそういうのでは、伝わりにくいですね。

「お世話様です」は、上の立場の人が下の立場の人に対して言う言葉だと認識されるところが多いので

お勧めしません。

http://www.mosimo-pocket.com/report/0122

「ありがとうございます。」も私はおすすめしません。

◎質問者からの返答

なるほど。

状況に応じて使い分け難しいですね。

「お疲れ様です。」も本来はねぎらいの言葉なので目下から目上に対して使ってはいけないと言われる言葉なのですが

現在の用法としては、目下から目上に使って良いことになっていると思っています。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ