人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(1)被覆管がなくなってウランが水に接触せずに、14日の初期時点で放出された水蒸気に、セシウムやヨウ素が混じることがあるのでしょうか。
東京都世田谷区でセシウムが検出されたということは、14日の初期時点で被覆管がなくなってウランが水に接触していたということでしょうか

(2)被覆管が部分的にでもなくなるということは、地震の振動でなくなる訳がないから、いわゆるメルトということになりますが正しいでしょうか。

(3)もしそうなら、なぜマスコミや専門家がそれを指摘しないのでしょうか。
当たり前だからでしょうか。能力がないからでしょうか。心配を煽るからでしょうか。

(4)それとも、通常、冷却水(ボリラー水、軽水)の中に、放射性物質が混入していることはあるのでしょうか。

●質問者: jackal3
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:ウラン セシウム マスコミ メルト ヨウ素
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●35ポイント

(1)被覆管がなくなってウランが水に接触せずに、14日の初期時点で放出された水蒸気に、セシウムやヨウ素が混じることがあるのでしょうか。

可能性としてあります。


東京都世田谷区でセシウムが検出されたということは、14日の初期時点で被覆管がなくなってウランが水に接触していたということでしょうか

「被覆管がなくなって」というより、被覆管と燃料棒が溶融したものが水に接触したという表現がより近いでしょう。


(2)被覆管が部分的にでもなくなるということは、地震の振動でなくなる訳がないから、いわゆるメルトということになりますが正しいでしょうか。

間違っています。

メルトダウン(炉心溶融)とは、燃料棒を含めた炉心構造体全体が溶け出す現象のことで、現時点ではそこまで至っていません。


(3)もしそうなら、なぜマスコミや専門家がそれを指摘しないのでしょうか。

実際にメルトダウンを起こしていないからです。


(4)それとも、通常、冷却水(ボリラー水、軽水)の中に、放射性物質が混入していることはあるのでしょうか。

炉心冷却水は、もともと放射性物質を含んでいます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「メルト」の定義が曖昧でした。被覆管と燃料棒が溶融することを「メルト」と表現しました。

(1)(4)で安心したのですが、もし仮に通常運転時の炉心冷却水が全部蒸気として外に出たときに、原発入口付近で、200ミリシーベルトになるでしょうか。

それとも、当然、メルト(上の定義です)してウランが水に接触していると考えられるのですね。


2 ● taroe
●35ポイント

(1)可能性をいえばあり得ます

(2)間違ってます。もしそうなてったら部分的ですむわけがないからです

(3)不確定な事項で不安をあおるのはまずいと考えてるでしょうし

マスコミも専門家も自らの立場を危険にされしてまで

可能性があっても根拠が薄すぎることを指摘できません。

また専門家の場合は、指摘が当たっていたらまだよいでしょうが

外れてた時は、その業界で仕事していけません

(4)軽水炉ですので、通常運転でも直接触れて冷却する水(軽水)は放射能に汚染されてます。


>仮に通常運転時の炉心冷却水が全部蒸気として外に出たときに、原発入口付近で、200ミリシーベルトになるでしょうか。

どれだけの量がどれだけの時間外に排出されたかにもよりますが、そうでないとも言いえません。

>ウランが水に接触していると考えられるのですね

接触してもしなくても、汚染されますよ。

◎質問者からの返答

(1)は、3月16日12:00現在、そうなっていると発表がありました。

(2)は、3月16日12:00現在、2号機70%、3号機30%(数値曖昧)と発表になりました。「メルト」の定義が不明確でした。上の答えの通りです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ