人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(5)3月16日の白煙は、いわゆる水蒸気爆発(熱い燃料棒が水に接触した)でしょうか、中に入っていた水蒸気の圧力が徐々に大きくなり、どこかから噴き出たのでしょうか。
マスコミは、やれ何号機か何号機かと言うだけで、また、関係者は可能性で発言したくないというだけで、さっぱり分かりません。
おそらく、分かる人、例えば、大学で原子力工学を学んだ程度の人でも当然常識的に何が起こったか分かっているような気がしますので、御回答お願いします。

●質問者: jackal3
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:マスコミ 原子力工学 大学 常識 関係者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●35ポイント

えと、私は理工系で放射線生物学とRI取扱法をとっただけなんですけどね。

あと、福井県民ですので自学自習で原発に関する勉強は続けております。


で。

報道を聞きますと、現在上がっている白煙は使用済燃料プール(原子炉建屋の中にあります)内の使用済核燃料が冷却できない為に水温が上昇、その水が蒸発して発生する『水蒸気』であると考えられます。

*『水蒸気爆発』は高熱の物質が液体の水に触れて、それが一気に気化するために起きる現象です。水蒸気が発生するのが水蒸気爆発ではありません。現在の状況は『蒸発』です。

現状は、使用済燃料プール内の温度が100度を越えて蒸発している状況で、自衛隊ヘリによる注水活動などはこれを冷やす為に行われている事であり、『爆発』という話ではございません。4号機の火災なども水から露出してしまった燃料棒が発する熱により周囲が燃えたのではないのか、という推測がでておりますが、この辺りも『核分裂による発熱』(熱核分裂)の影響です。なお、使用済み燃料プールの冷却ができていないのは2号機と4号機で、これがおっしゃる『?号機 ?号機』という話になるかと思います。

先の質問で、一度使用した核燃料は微量ながらも核分裂反応を起こし続けている旨はご説明したかと思います。


あと、もうご存知かと思いますがこちらの方が参考になるかと思いますのでご覧になってください。

http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=752

http://www.nirs.go.jp/index.shtml

◎質問者からの返答

丁寧な御回答、ありがとうございます。


2 ● suppadv
●35ポイント

いわゆる水蒸気爆発のイメージからは、大きく外れていると思います。

単に、熱い燃料棒が水に接触した場合、水が蒸発するだけです。

爆発的な速度で水が蒸発するものが水蒸気爆発ですが、量的なものも考慮した方が良いと思います。


今回も、ホンの小さな範囲では爆発的なスピードで蒸発した可能性はあるかもしれませんが、白煙が出てきた程度なので、総量で考えるとほとんど無視できるレベルだと思います。


今回、専門家として、これを水蒸気爆発だと言うことは、

消防士が、大きな火事が起きている中で加熱されたスプレー缶の小爆発を見て、爆発だと騒ぐようなものだと思います。

他の消防士から見たらどう思われることやら・・・。


今回のものは、水蒸気爆発と言えるものではないと考えます。

◎質問者からの返答

これをアップした時点では、分かっていませんでした。

テレビを見ていると、記者が「何号機か?」というだけで、水蒸気爆発に言及しなかったので、また、東電側(保安院だったかも)も、何らそのことに触れなかったので、質問しました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ