人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NHKをはじめマスコミの被爆量の比較がおかしいと思います。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00195361.html
X線検査が50マイクロシーベルトは良いとして、これは固定の数値です。
これに対して上の記事では最大で23.72マイクロシーベルトでX線検査の半分だから影響はないとしています。
しかしこれは23.72マイクロシーベルト/時間ではないのでしょうか?(最大値だから平均値は小さくなると思いますが)
そうすれば24時間被爆すれば24倍の被爆となると思います。

http://lohas-sur.seesaa.net/article/190974349.html
こちらの方が正しいとおもうのですが、詳しいかた教えて下さい。

●質問者: Sprint
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:23 24 NHK X線 マイクロシーベルト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●17ポイント

> NHKをはじめマスコミの被爆量の比較がおかしいと思います。

私もおかしいと思います。

総量で考えなければならないものを、瞬間の最大値だけで話をしていますので、量が多いのか少ないのか判りません。

1時間の平均値、1日の平均値、1週間の平均値、・・・・・、をそれぞれ出して、その期間に浴びた総量を出す必要があります。

考え方によって多少値が違いますが、「何事もなくても年間4?6ミリシーベルト程度の放射線を浴びています。 」

http://redbeensandrice.dtiblog.com/blog-entry-899.html

ということと比較して、どの程度、危険なのか安全なのかを議論しないと意味が無いと思います。





>http://lohas-sur.seesaa.net/article/190974349.html

>こちらの方が正しいとおもうのですが、詳しいかた教えて下さい。

こちらの方も、「電波メディアが報道しないデータが存在する。以下のデータである。3月15日に計測されている。福島第一原発から北西に約20キロ離れた福島県浪江町の3カ所で測定されたデータで、195?330マイクロシーベルト/時である。福島市の東にある飯館村では、44・7マイクロシーベルト/時

の放射線量が計測されている。」といっていますが、

データの信頼性が不明で、さらに、その後の仮定もこの値を1ヶ月の平均値としているので、大きな問題があると考えます。

◎質問者からの返答

マスコミの数字が間違っているというのであればとりあえずOKです。

データは自分で拾えますので。


2 ● papavolvol
●17ポイント

日本政府の対応を、米国原子力規制委員会 [NRC:Nuclear Regulatory Commission]が検証した結果を下記のサイトで発表しています。

http://www.nrc.gov/reading-rm/doc-collections/news/2011/11-049.p...

アメリカの基準では、全身で 1 rem、一番影響を受けやすい臓器である甲状腺だけで 5 rem以下でなければならない。

今の福島原発で20kmの避難と30kmの屋内退避での被爆量は、アメリカの基準と比較して、十分に低い値である。

平均的なアメリカ人は、日常生活で自然界や人工物から 0.62 rem/年の放射線を浴びている。

問題は現在の放射線量ではなくて、「今後、福島原発がどのようになるか」の方だと思います。最悪の事態になっても、東京の全都民が避難するなんて物理的に出来ません。

大切なのは、パニックにならずに、思いやりあって、助け合って、冷静に行動する事だと思います。

◎質問者からの返答

いやいや、問題にしてるのはマスコミの情報操作です。

原発が炸裂したらどこに吹き上がったものが落ちるかわからないのですから

300km圏内に安全なところはないと理解してます。


3 ● legnum
●16ポイント

短期間でなければ自然回復するとあるので長期間だと蓄積されないのではないでしょうか。

だから毎時で表記するというか。

放射線が当たると、人体を構成する細胞のDNAが傷つきます。わずかな傷は細胞自身の回復能力により簡単に修復されます。回復能力を超える傷を受けた場合には、異常なDNAを残さないために、細胞は自ら死滅(アポトーシス=細胞死)します。しかし、アポトーシスに至らない程度の放射線を一度に受けると、修復が間に合わなくなったり、間違った修復をしたりして細胞に障害が現れます。


https://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/mag20110201.htm...

とはいえ致死量の半分を2時間にわたって浴びたら死なないという記述は見つけられませんでした

◎質問者からの返答

福島の20km地点の方は継続的に高いレベルで被爆してるとおもうのですが。


4 ● j4mika
●16ポイント

素人ですが、一応、計算してみました。

あってますかね?

仮に、最大値(23.72μSv/h)で1週間被曝し続けた場合、

23.72*24*7=3,985μSv

となり、1年間に被曝しても耐えられる限度が、20,000?50,000μSv※ですので実質無視できる程度の被曝量ではないでしょうか?

その意味では、直ちに健康被害が出ないとする結論は正しいと思います。

マスコミの説明はこれをスキップした説明ではないでしょうかね。

もしくは、発表する人は何も考えず誰かの説明をそのまま放映しているだけか・・・

いずれにしても、視聴者をバカにしているのか、あまりにわかりにく過ぎる気がします。

>情報操作

個人的にはそのように高度な物ではなく、何も考えず言われたことをそのまま伝言しているだけに思います。

また、不用意に汚染地域の範囲を拡大すれば、支援物資すら運べなくなりますので、餓死・凍死者が大量発生する危険性があるように思いますし、現状、想定できる範囲内でそれなりに現実的な判断をしているように感じています。

但し、体内に取り込んだり、一桁増えたり、場所が遠くなり単位がnSvなどの地域では全く計算が異なりますので正確な話や予測が知りたいところですね。

なお、私は、かなり前から脱原発派ですので、原発は作らずエネルギー政策もガラパゴス化けを目指していた方が良かったと思いますが、その当時生きていたとして、その当時の国際競争などの雰囲気や世論を感じつつそれを高らかに叫べた自信はありません。

エアラインパイロットの場合、Max 20mSv/year(年)=20000μSv/year(年)

http://www.arpansa.gov.au/radiationprotection/factsheets/is_cosm...

放射線業務従事者の場合、Max 50mSv/年

http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/nuric/docs/resident.ppt

◎質問者からの返答

そうですね、約4マイクロシーベルトです。

ただ、年間の許容量とされる2(あるいは2.4)の2倍近い数字をうけるということです。

さて、現在、福島第一で行われている作業は「現状維持」です。(これは会見で言っています)

爆弾の上で正座しながらこれから何ヶ月過ごすかの話が我々の生活です。

2ヶ月もすれば原発で作業する人より多く被爆することになります。


5 ● tama213
●16ポイント

>24時間被爆すれば24倍の被爆となると思います。

その通りです。

NHKでも今日説明してました。

1時間当たりの被ばく量だと。

レントゲンは1回ですね。

短時間に一度に多くの量を被ばくすると、急性の症状がすぐに出ます。

吐き気とかそういうのです。

>X線検査の半分だから影響はないとしています。

影響がないというのは、すぐには死なない。

数か月ぐらいでは何も健康に問題がないようにおもわれるとかです。

◎質問者からの返答

私が数時間前に見たときには/時間の話はありませんでした。

おっしゃるとおり今は大丈夫、将来は言わないけど、という話だと思います。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ