人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303747.htm
放射線モニタリングの結果 福島第1・第2原子力発電所周辺 32は、150マイクロシーベルト毎時です。どこかにこの説明あるでしょうか?


●質問者: isogaya
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:マイクロシーベルト モニタリング 原子力発電所 放射線 結果
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● toomva
●40ポイント

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/a...

上が元データのpdfです。そこに32の場所も書いてありました。

◎質問者からの返答

これはみています。なんで問題にならないのでしょう。


2 ●
●40ポイント

その地域では一時間に150μSv(マイクロシーベルト)被ばくしているということになります

確か1mSv(ミリシーベルト)=1000μSvなので、上のを当てはめると0.15mSvとなります

年間一人当たりの自然放射量が2.4mSvなので

単純計算で1日以内には一年間分の放射を受けることになります

症状は200mSvから出始めるそうで

蓄積するから危険ですね

知識無き者なので間違っていたらごめんなさい

放射線の量

wikipedia

◎質問者からの返答

単純に考えるとそうです。でも問題になっていません。


3 ●
●0ポイント

市民一人ひとりの努力(水で手、顔を洗うなど)、で

体内に放射線が危険なまでに蓄積されていないのでは?

http://home.hiroshima-u.ac.jp/ricentr/ht/ri/question.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ