人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マイクロシーベルト と ピコキュリーの関係を教えてください.

つまりたとえば,以下の記事のバナナは何マイクロシーベルトになるのでしょうか

バナナ等価線量 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E7%AD%89%E4%BE%A1%E7%B7%9A%E9%87%8F
食品は自然放射能を帯びており、特にカリウム40を多く含むバナナはそれが顕著である。バナナ等価線量とは、一本のバナナを食べたときに受ける線量を意味する。原子力発電所から漏洩する放射線は極めて小さな単位で計測されることが多い(ピコキュリーすなわち100万分の100万分の1キュリーが典型的)。そのような被爆量をバナナ等価線量と比べることで、実際の健康被害を現実的に評価できることがある。バナナの平均的な放射線量は1kgあたり3520ピコキュリーであり、150gのバナナでは520ピコキュリーである。[3] 1日1本バナナを1年間食べ続けた場合の等価線量は3.6ミリレムである。


●質問者: neco
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:Wikipedia カリウム バナナ ピコ マイクロシーベルト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●35ポイント

マイクロシーベルト(シーベルト)は放射線の強さを、ピコキュリー(キュリー)は放射能の量を表す単位なので、それぞれの関係を表す式はありません。


参考「放射線や放射能の単位について教えて」(新潟県)

◎質問者からの返答

ありがとうございます.


2 ● masasan
●35ポイント ベストアンサー

回答者1の方が言うように、関係を表す式はないでしょう。

ただし、条件を限定した場合にどのくらいの影響が見積もれるということは言えると思います。

式があると、前提条件抜きに捉えられてしまうこともあるので難しいところですね。


具体的には、線種や臓器、停滞時間を指定しなければ見積もりは難しいです。停滞時間が同じであるとして、線種や臓器のみが違っているだけでも係数のばらつきからすると想定の違いによっては400倍ほどの差がでることもあると考えられます。


ウィキペディアによれば「0.01シーベルト = 1レムに相当する」とありますので、

>>等価線量は3.6ミリレム

は、0.036mSv=36μSvに相当する等価線量

ということになるでしょう。


個人的に、原発事故用語 入門編も作成中なのでよかったらどうぞ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ