人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

炉心の4分の1にMOXを装荷した場合、低濃縮ウランだけの炉心の場合と比べ、重大事故から生じる潜在的癌死は42?122%、急性死は10?98%高くなる。数値の幅は、アクチニドの放出割合の取り方による。



炉心全部をMOXとした場合、潜在癌死の数は161?386%、急性死の数は60?480%高くなる。炉心に占めるMOXの割合と、放出されるアクチニドの割合により、原子力発電所の半径110キロメートル以内の地域で、何千、何万という数の潜在的癌死が余分に齎されることになる。(註:この距離は、計算上の便宜の為に選ばれたものであり、この地域の外でも影響が生じることは言うまでもない)。



これらの計算は、放出割合(炉内にある総量のうち事故の際に放出される割合)が、低濃縮ウラン燃料の場合と、MOXの場合とで同じだとの想定の下に行われたものであり、事故から生じる影響の差は、炉内にある総量の差からのみ来るものである。しかし、実際はそうではないかも知れない。セシウムのような揮発性の核種の放出の割合は、40ギガワット日/トン以上の燃焼度に照射されたMOX燃料の場合、同様或いはそれ以上の燃焼度の低濃縮ウラン燃料の場合と比べ、相当大きくなることを示す証拠がある。




1300676826
●拡大する

●質問者: Hafiz
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:MOX ウラン キロメートル ギガ セシウム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]どこまで逃げれば大丈夫なんでしょうか? H_Jungle_with_d

まだ、原発近くに留まっている人も多くいるんです。


[2]>1 いわしへの信頼度がハンパじゃないですね jozetora

すばらしい!


[3]>1 おー tenergy25

すごい!


[4]燃料の放出割合 masasan

燃料のデータ(種類や量)は東電にあると思うけれど、

・どのくらい放出されたか

・どのくらい放出される見込みか

の見積もりはどのようにしたらいいんでしょうかね。


ロシアやフランスでは具体的な数字で、このくらいじゃないかって言ってるけれど根拠がわかりません。

燃料データ、放出割合

・現段階で見積もる方法

・事後に見積もる方法

を考えませんか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ