人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【1億の節税指南】
知人が今期1億の利益を上げて節税の方法を探してるのですが、被災地に対する寄付というのは節税になるのでしょうか?節税というのは、その知人の元にお金がたくさん残る方法であって寄付してもしなくても同じなら節税とはいえません。
寄付金としてつかうのと法人税として納めるのとでは今後どちらのほうが知人に有利ですか?知人は、慈善事業とかボランティアとかに興味はありません。だから人情話は無用です。

●質問者: chinchin-kozou
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:お金 ボランティア 人情 利益 寄付
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]参考まで ichikowabisuke

漫画家・赤松健が募金をする際のコツについて語っていました。

http://blog.livedoor.jp/manamerit/archives/65464375.html


[2]ほとんどの場合、節税にはならない windofjuly
寄付 実効税率 手元に残る額
しない 40% 1億x0.6=6000万
1000万 40% 9000万x0.6=5400万
2000万 40% 8000万x0.6=4800万
9199万 40% 801万x0.6=480万6千円
9200万 30% 800万x0.7=560万

利益が実効税率に違いの出るラインであれば節税になる場合もありうるけれど1億からとなると節税にはならない


[3]>2 たぶん kento1997

たぶんそうおもいます。


[4]>3 名前が売れれば儲けもの jozetora

そこで利益がまいこんでくる可能性はあると思いますよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ