人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

原発で隠蔽を噂されてますが
東電の経営陣が、原発近辺でも危険地域を外れた場所で(身体に影響がないと言われている場所)
何日か過ごしてくれれば、少なくとも隠蔽がないことは実証できると思うのですが、何故やらないのでしょうか??
私は少なくとも安心します。

放射能の噂で物資が届かないと言われているため、命がかかっているため
そこまでやってくれても良いように思います。

●質問者: makocan
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:危険 放射能 東電 経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● cococ
●19ポイント

ご意見の通り、そうして貰えると、納得して安心する人は沢山出て来ると思います。


かつて、こんな事が有ったので是非にもやって貰いたいと思います。

「菅直人厚生大臣(1996年当時)がカイワレ大根を食べるパフォーマンスをテレビ・カメラを前に披露した件」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%9B%B4%E4%BA%BA#O157.E3...


菅直人内閣総理大臣(2011年3月22日現在)に於かれましては、是非にも福島県産農産品をテレビ・カメラの前で飲み食いして欲しいと感じる人も居る様です。

「カイワレ大根を食べた菅直人は、福島県のホウレンソウも食べられますか?」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358166...

確かに、実演して貰いたいものです。できれば豪快に。

枝野さんやホウレン草ならぬレンホウさんなんかも一緒がいいですね。


一方、東京電力首脳陣はパフォーマンスだと分かっていても絶対やりそうには有りません。

こんな話と似ていると思えば理由は明快です。

「なぜ東京に原子力発電所を建設しないのですか?」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1158035...

首都に何か有ると大問題。首脳陣に何か有ると大問題。

でも、本音は自らは手を汚したくないんでしょうね。


ちなみに、原発を引き受けてる地方自治体でも「多額のお金が貰える事」と引き換えているに過ぎないので、結局、どちらも同じ穴のムジナではあります。


それでも原発は安全なんだそうですよ。

「原子力発電所の安全確保 ― 電気事業のいま | 電気事業連合会」

http://www.fepc.or.jp/present/safety/index.html

◎質問者からの返答

言った本人が実践して欲しいですね!


2 ● hiro7days
●19ポイント

お怒りの気持ちは分かりますが、東電がそれを実際やることはないでしょうね。

リスクばかりが大きすぎますから。住んでみて安全だと確かめるのは、ただの人体実験です。

順序としては早すぎます。


薬を作るときにだって、出来た薬をいきなり人間には飲ませませんよね?

菌に当てて効果があると分かった物質、それはまずモルモットなどの下等生物で試してみる。

そしてより人間に近い生態のものへと試していって、最終的に人間での治験となるわけです。


ただ、実際、現在そこに住まわれている(避難されている)方がいることを考えると、

安全な場所なんだと、根拠を持って明示すべきですよね。

何をしたら、そこの地域にいる人が放射能の恐怖から安心するのか・・・

makocan様の言う東電の人がいるっていうのも精神的には1つの安心にはなりますが、証拠にはならないかと。


そう考えると、東電の人がいるっていうのは、あまり良い指標ではないですね。

そこに人がいて、体の異常など何かあったらあったで問題だし(というか時既に遅しであるし、)

なかったからと言って、数日間という短いスパンだけを見るのではあまり意味がない気がします。

(あとあと、体の中に吸い込まれて蓄積されていて、大きなダメージになるというケースもありますから)

また、東電は、そもそも原発自体の方をどうにか解決しなければいけない、という使命もあり、

そこまで周りの被災者の方たちに配慮ができていないというのが現状ではないでしょうか?

あれもやれ、これもやれ、って一気にそんなにはできませんからね。東電の人も「人間」ですから。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110317/erp11031711300003-n1....

ただ、過去の東電の歴史を振り返ってみると、あまり感心するものは出てきませんね。


東電がデータなどを隠蔽していることがあるとすれば、

それは、東電が自分自身の会社を守るためでなく、知らせたことによりパニックに陥るのを避けるためのものだと思います。

もちろん、こちら側としては、一刻も早くその情報を知りたいし、少しでも危険な要因があるのならば逃げたいと思いますよね。

でも、現状でもパニックな状況をパニックにしたら、2次災害が起こりかねませんから・・

隠さざるを得ないこともあるのでしょう。


実は濃度が高すぎて、言いづらくて言えなかった、

なんてことをまかり通る時代ではないですからね。

東電だけでなく、国内国外関係機関から見れば、濃度の正確な状況は分かると思います。

(=濃度などに関しては東電は隠蔽していない)


濃度と人体への影響については、各種研究が進んでいるでしょうから、

実際には安全な状態なのだと推測されます。

それでも、心配になる人の気持ちも、私は一般人だからこそ分かります。


正直まとめると、「東電も、原発にあんまり近づけないし、現状が分かってない」というのが私の思うところですね。

「だからきちんとした説明もできない」し、隠蔽しているわけではないのだけど、「可能性の時点で発表してしまうとパニックが起こってしまう」のが心配。

こんなところでしょうか。


なんだか質問の答えになっていないようなので、

一旦ここで終わらせていただきます。

◎質問者からの返答

hiro7days様の仰ることも理解できますし、筋も通っているかと思います。

ただ、私が質問したかったのは、政府も東京電力も人体に影響が無いと言っている場所に

行くことも出来ないのが不思議でならないのです。(ただ、東京電力も危険区域外も危ないと感じていると思っているというご回答でよろしいでしょうか?)

東京電力経営陣や政府が、自分らも行けない危ない可能性がある所に、避難勧告を出さないのが、パニックを避けるためであるならば

正直、軽蔑します。(そうでないことを願います)


もちろん、避難勧告が出ているところに住むのでは人体実験ですし、無茶なことです。



hiro7days様の仰る薬の例を使うと、国に承認を受けた薬を

患者には使うけど、医者や承認した本人達は使いたくないと言われてる心境です。。。


もし、東京電力の経営陣も怖くて近寄れないところであれば

そこも危険区域にし、住民を避難させるべきだと思いますし、

間違っても人体に影響が無いと言ってはならないと思います。

人体に影響が無いと、安心して過ごしている人がいたら、その人が実験動物になってしまうので。。。


後半は理解できますし、そのデータも確認してるので、納得です!

ありがとうございます。


それと、十分答えになっております。

今回の質問は怒りもこもっているのは否定できませんが

人体に影響ない場所に、どうして、お偉い方は近づかないのかという

矛盾点を解決したかったのです。


危険地域以外も、東京電力の方も危険があると思っているため、近づけないと言う答えも

十分に回答の一つかと思います。


3 ● j4mika
●18ポイント

先ほど東電副社長の会見がありましたが、全く行ってないわけではないようです。

http://www.ustream.tv/recorded/13474032

ただ、この会見を聞いていて、仮に、経営陣が原発周辺に居続けたとしても信用できないと私は感じました。

テレビは会見の全てを放映しませんので、局によってカットの仕方が異なるため信用できません。

.

また、住んでも放射線の影響は年齢によって大分違いますので何とも・・・

原発を作ったら、経営陣の親族はその近くに居続けるというならまだ分かりますが、

技術陣であれば心から安心だと信じているでしょうから事故が起こるまでは無駄だと思います。

◎質問者からの返答

情報収集不足で、すみません。。。

やってるんですね。

この会見は見てたのですが、経営陣が現地にいるのは、聞きのがしてました。


確かに、証明の手段が難しいですね。

それは仰るとおりです。


4 ● j4mika
●18ポイント

本来であれば、コメント欄で答える無いようかと思いますが、空いていませんのでこちらで失礼いたします。

.

すみません。勘違いがあるかもしれないので訂正させて下さい。

>この会見は見てたのですが、経営陣が現地にいるのは、聞きのがしてました。

経営陣が現場に居るのではなく、視察にいった事があるという意味です。

29:00?

ただ、私は、爆発の危険性もあったでしょうし、全く行っていないと思っていましたので意外でした。

.

また、総理大臣ですらたまには会見するのに、社長の会見が無く非常に不安を覚えます。

談話の内容も個人的には、安心と言うよりも不信感を増長する物にしか聞こえませんでした。

東京電力の清水正孝社長は18日、福島第1原発1?3号機が国際原子力事故評価尺度のレベル5と評価されたことについて「極めて重く受け止めている。わが国が経験したことのない大規模地震に伴う津波といった自然の脅威によるものとはいえ、このような事態に至ってしまったことは痛恨の極み」との談話を発表した。(2011/03/19-01:27)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031900027

.

最も、国策ですので、東電だけを攻めるつもりは毛頭ありませんが、東電がどういった体質を持っているかはどことなく分かるかと思います。

◎質問者からの返答

実は、私はj4mika様と逆で、当然、経営陣は、

福島には居て、危険区域外から指示をしていると思ってました。


そのため、地震や津波の影響もあるため、東京電力を非難する気は毛頭ありませんでした。

危険を顧みずに現地作業してくれる社員さんには頭が上がりません。


そのため、今日、経営陣がどこにいるかも不明みたいな状況な気がして

自社が発表した危険区域外でも近づけないのはどうしてだろう??と

単純な疑問が浮かんだ次第です。


仰るように、その談話は不安が増しますね。。。


5 ● tama213
●18ポイント

みんな自分がかわいいわけですから、そんな危険なことできないですよ。

本当に安全ならパフォーマンスとしてできますが、安全じゃないのにそんなパフォーマンスできません。

また実際にやった場合は、いろんな意味で後で責任を問われる可能性があります。

そんなことできるのは、本当の馬鹿だけです。

◎質問者からの返答

頂いたものも一つの回答だと思います。

やはり、結局、区域外は安全というのは嘘で、危険なんですね。


ただ、それなら、避難勧告は広げるべきだと思うのですがね。。。

パニックを避けることも大切ですが

人命も大切に思います。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ