人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今後の電力供給、発電について、良いと思われる方法などのお考えを聞かせて下さい。ただし、数年以内に現実可能と思われる方法でお願いします。
参考? 私がネットでよく見かけた意見、考え
・節約を徹底する、具体的には、例えば電気代を上げる。
・ダムを作ったり、山などを削ったりして平地を作り風力、太陽光など自然の力を利用した大規模な発電を行う (ダムはともかく、風力・太陽光は風が止まったり、曇ると不味そうです)
・殆ど全ての建物に太陽光発電を乗せる(曇ったら…)
・CO2排出量は無視して、火力発電を大幅に増やす
・今回の事を教訓にしたもっと安全な原子力発電所を増やす
・電気代が何十倍になっても宇宙太陽光発電を(どれだけお金を掛けても今実現できるのか)
・電気の無かった時代に戻る
その他多数

●質問者: x2pop
●カテゴリ:政治・社会 家電・AV機器
✍キーワード:お金 はと まったり ダム ネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 34/34件

▽最新の回答へ

[1]ガスコージェネレーションシステム optokubetsu

現実的な案となるとガスコージェネレーションの早期の普及を目指し、政府が支援金等を拠出する案が思い浮かびます。これも火力発電と同じくCO2の問題や電気代の問題がありますが、太陽光発電や風力発電よりは確実性がありそうです。


[2]オール電化割引を廃止して、 papavolvol

オール電化割引に代わって天然ガス併用割引を実施する。


[3]>1 私も天然ガスによるガスコージェネが最も現実的だと思います。 papavolvol

効率の良いガスコージェネシステムだと、火力発電よりもCO2発生量は少ないと思いますよ。


[4]発電側と、消費側の両方に有効なスマートグリッドを nobcha23

発電側としては太陽光利用が一番手近に利用可能なエネルギーです。太陽光も2種類あり、昔ながらの太陽光で湯を沸かすタイプと、太陽光電池です。曇った日でも結構なエネルギーが得られるので、補助金などでの育成必要です。

話題性あるが意外に電力安定しないのが風力。家庭で頑張っても太陽光の数分の一です。それよりも温泉地の地熱発電は魅力あります。

それから小規模水力発電は風力より場所選びますが有効で、安定です。昔の水車小屋の復活です。山間部では魅力的。数百Wクラスの製品ほしい。補助金もほしい。

次に使う方ですが、発電する時と使う時の時間シフトが必要で、バッテリーが必要です。家庭内でのバッテリー、電力供給網での揚水発電みたいな大掛かりなエネルギー蓄積を生かすのはスマートグリッドだと思います。

各家庭、工場に電力センサーが付いてその情報を集めて、集配電情報制御すると数%以上の効率アップが期待できると期待してます。


[5]60ヘルツユーザーを増やす imo758

東西の境近辺の大電力ユーザーを中心に、60ヘルツに切り替えてもらう。…もちろん欠点もたくさんあるし、焼け石に水かもしれないが。それとまず機器が対応できないとダメ。


[6]計算上は太陽光発電で全部賄える。 galacticace

すべての建物の屋根という屋根を太陽電池で埋め尽くせば可能かもしれません。

太陽電池の発電量は9平方キロで100万KWです。

福島第一原発2号が78.4万kwです。

福島第二原発の1号機は110万kwです。

計算上は太陽電池のみで国内の電力需要をまかなっても余る位の設置場所があります。

問題はコストのみでしょう。


[7]>3 家庭位の規模だと温水を利用できるのもメリットですね。 nawatobi_penguin

温排水を風呂や暖房に利用できるのがいいですね。

ただ冷房の時期にはどうしたらいいのでしょうか?


[8]>7 冬場に威力を発揮するシステムですね。 papavolvol

火力発電所から電気を運ぶと5%位の電気が、送電中のロスで失われるらしいです。マンションやショッピングセンターに、コージェネを置くとこの5%分の効率が良くなります。さらに排熱で暖房や給湯が出来ます。ここで利用されるエネルギーが30%という試算もあり、火力発電所よりも35%効率が良いというデータを見た事があります。冷房は発電した電気を使いますが、この時に排熱が有効に使われるかは、暖房が不要な夏の給湯需要にもよるのでしょうか?

一戸建てにはECO WILLを置きます。

その上でスマートグリッドで電力会社と接続すれば、どの機械に異常が有っても電気を融通しあって、安定して電力を得る事が出来ます。


[9]>6 太陽光vs原発 tana84

24時間夜中も真昼と同じ日光があればその計算でいいですが、実際は2?3時間で計算する必要があってだいたい1/10ですね。

(これでも年中晴れ前提)

100万kWのために100平方kmなので

(1世帯頑張って5平方m付けたとして)2千万世帯が必要です。

東北関東のすべての世帯ががんばって原発1号機分ですね

なかなか大変そうです。


[10]原発コジェネ tana84

これまで電力は足りてきたので、今回の問題は「発電所が一つなくなるだけで電力が大幅不足」ということではないでしょうか?

・各地区での過剰発電所は設備コスト大

・大距離送電は周波数変換含め送電コスト大

・そもそも「原発はあぶない」議論が再燃

以上から移動式の安全性の高い原発として、原潜や原子力船舶を世界で数台単位で保有するのはどうでしょう?保有コストは利用国の電力会社が余剰電力コストの代わりとして捻出。

送電に難がありますが、国家間の距離や別周波数をまたぐことに対しては、港付けして送電線を用意することはできるでしょう。

現有の原潜などは用途が航海のためなので出力小さいですが、それも大きな技術問題ではないと思います。

そして安全性については、少なくとも特定地域住民からの反対は無いと思いますし、原潜は既に散在していること、最悪時の冷却がしやすいことなど有利な点が多いと思います。


[11]>9 曇ったときが心配なのですが x2pop

電気を使う時間帯に発電できるという点でも優れていると思いますが、

質問文の例にも書いたように、今電気が必要! という時間帯に台風が来ていたとか、大雨でほとんど発電できなかった場合はどうするのでしょうか。

太陽光でまかなえるという意見は結構見かけるのですが、そのあたりが不思議です。

曇った時用の火力発電を設置…するなら最初からそれでやった方が安そうです。

蓄電はまだ実用的では無いようですし、リチウムイオン電池の寿命がもっと長くなれば良いのかな。フライホイールは地震の時怖そうです。

宇宙太陽光なら曇らないから問題ないでしょうけど。


[12]>10 良さそうな気もしますが x2pop

なるほど。

原子力空母とかでかいものが運用されている実績はありますし、以外といいのかもしれませんね。

日本の消費電力が下がったら、海外に貸し出しもできそうですし。

出力の大きいものをそういった運用する実績が無いので、その違いが気になりますが、出力はあまり関係ないものなのでしょうか。

正確なソースが無いのですが、どれくらいの出力があるものなのか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1128559...


[13]>5 周波数変換所 x2pop

一時的に60Hzにするというのは大型のところで対応できるところが多数あるのなら、一番速く対応できそうですね。機械が対応していればですが。

周波数変換所を大幅に増やすべき、という話は出ていますし、どちらかに統一するより安いのなら、周波数変換所を増やすのがベストかなと思います。

ただ、それをしても60Hz地域の発電所がフル稼働しても電気が足りないかも(今回の原発の破損が多数ありすぎるため)、という話を聞いて不安ですね。

仮に足りるとしても、ギリギリだとまた何かトラブルがあったときに困ったことになりますし。

発電所を増やすとしたら、何を増やせば良いのか。


[14]>2 夜の電気代 x2pop

オール電気は、昼が高く、朝夕が少し安く、夜がすごく安くなりますが、今は夜の電気が不足しているとは聞いていませんが

夜の電気はほとんどが原発で作っているらしい事を考えると、夜安くするのは良くないのかもしれませんね。


[15]>8 ロス分を取り戻せるか/災害時ガスの復旧は一番難しいのでは? x2pop

興味のあるシステムです。

暖房や風呂に使えるのは最高ですね!


ただ、日本の25%でしたか、CO2削減目標が遠くなりそうな気もします。

日本が出しているCO2の 33%くらいが発電だと聞いていますが、送電のロスが5%解消されるとしてもどれくらい効率をよくできるのか気になります。

超伝導送電線、だったか、あれでロスを減らせるらしいですが、維持が大変そうだったので、現実的には各家庭でした方が良さそうですよね。


もう一つ、文句を付けるようであれなんですが、気になることが。

この発電は都市ガス前提だと思います。プロパンでも効率良いよ、って事ならすいません。

大地震の後、津波などが無かったとしても、都市ガスの回復速度はかなり遅いですよね。

今回も阪神淡路の時も電気が最速だったようです。

各家庭での発電を重視すると、都市ガスが止まる=停電という感じになりそうなのですが。

しかも大地震の後ガス管を直すのは大変そうです。

水道なら多少漏れても、最悪水が濁ったり噴き出したり、だと思いますが、ガスは最悪爆発する訳ですから。

このあたりの災害への強さはどのような感じになっているのでしょうか。素人考えなのでつっこみ歓迎です(汗)


この方法が良ければ、各家庭に火力発電と、可能なら屋根の上に太陽光で、凄い分散システムですね。

全国的に広がれば災害にも強そうです。

ただ、都会にまとまって広がる(田舎はそもそも家が少ない)と、ちょっと危険な気もします。


以前どこかのサイトで、ロシアで家庭用原子力発電が開発されたというニュースがトンデモな感じで紹介されていたのを思い出しました。あれどうなったのかな。


[16]>14 なぜ夜を安くするかというと JULY

正確には「夜」というよりは「深夜」なのですが、深夜の電力需要は季節に関係なく低いのは理解できると思います。今の季節は日中の需要は少ないですが、夏になれば昼間が電力需要のピークになります。

で、発電した電気は貯めておく事ができません。ここは、多くの人の感覚からすると、ちょっと違和感があるかもしれません。充電電池をイメージして「えっ、貯められるでしょ?」と思われるかもしれませんが、電力会社が送電するような電力量を貯めておく技術は、残念ながらあまりありません。揚水発電が一番近いですが、これも「余ったから貯めておく」ではなくて、あらかじめ需要の少ないときに用意しておく、という感じになります。

このため、電力会社としては、電力需要のピークに合わせて、それを十分に供給できるだけの発電能力を用意する必要があります。極端な事を言えば、ピーク時に 5,000 万キロワットの需要がある場合、5,000 万キロワットの需要が 1 秒だろうが 24 時間だろうが、電力会社は 5,000 万キロワットの発電能力を用意する必要があります。

ということは、電力会社にとっては同じ発電量でも、ピーク時の電力需要が低い方が効率が良く、発電コストを下げる事が出来ます。電気温水器が深夜電力を使っているのはそのためで、深夜電力の値段を割り引いて、少しでも日中の電力需要を深夜帯に振り向けたい、ということなのです。

で、夜の電気のほとんどが原発なのは、原発で発電量をあまり上下させたくない、という理由からです。他の発電方法に比べると、原発はあまり機動的に使えないので、基本的には一定の発電量で運転させます。すると、必然的に深夜帯の電気は、原発でまかなわれていることになります。


[17]>10 福島第一原発だけじゃなく... JULY

今回の問題は「発電所が一つなくなるだけで電力が大幅不足」ということではないでしょうか?

こう誤解されている方が多いようなのですが、止まっているのは福島第一原発だけじゃなく、火力発電所でも 3/24 現在、3カ所が止まっています。

プレスリリース 2011年|TEPCOニュース|東京電力

もっとも、福島第一、第二合わせて、909.6 万キロワットと、かなり大きい割合を占めていますが。

asahi.com(朝日新聞社):節電しても…夏の電力、2割足りず 23区も計画停電か - 東日本大震災


[18]お休み中の原発を再稼働させる sokyo

短期的・中期的には日本は原子力発電所に頼らないと身動きが取れないと思うんですが…(>_<)o

http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/index-j.html

たとえば今回の地震の震源地から遠い柏崎刈羽の原発の中には停止中のものも。

このあたりを稼働できるようにするのは、新しい発電所を建設するよりもカンタンな気が。

私はこの分野は専門ではありませんケド、なにか課題があるのでしょうか?


[19]太陽光発電 foxplanning

今回の計画停電では、太陽光発電の効果について、まったくといっていいほど報道されていませんが、効果はないのでしょうか。

「太陽光発電のおかげで、停電を心配がなかった」といった声が多いのであれば、導入を推し進めるの良いのでは。


[20]>15 確かにプロパンて聞いたことないですね。あと都市ガスの災害対策について nawatobi_penguin

丘陵地とか高低差が大きいところだと都市ガスでは無かったりしますね。

プロパンガス対応するなら物質は違いますが燃料電池でもいいのかなとも思ったり。


あと都市ガスは地震(急激な振動)で止まるように各家庭毎でも安全装置が付いています。

復旧に時間がかかるのは地中に埋設した管の修理のほかに安全装置の解除もあるのではと素人ながら思います。

#地震でガス漏れによる二次被害はwikipediaでも見つかりませんでした。

ちなみに戸外のガスメーターに自転車をぶつけてしまったことがありますが、

それでもガスが止まってしまって安全弁?(ねじ式)を解除しなくてはいけなかったという体験があります。

近所の子どもがサッカーボールで遊んでいて当ってしまった時も止まったので、

たまたま作動した訳ではないようです。


[21]>1 製造業に導入がよいかも masasan

エネルギー消費の傾向を見ると、エネルギー消費では産業の構成比が約45%です。

電力限定でみると更に構成比はあがると思われますが資料は探せませんでした。

(参考までに、長野県上伊那郡宮田村の電気消費事情に関する資料の3pでは電力の構成比が約75%です)


配管やCO2のことを考えると、消費割合の高い事業場への導入が効くように思えます。

JRは自前の発電所を持っていますが、ガスコージェネレーションを電力消費における構成比の高い大規模製造業に導入してもらうことが現実的に思えます。


[22]自動販売機の? imagaichiban

設置許可書を、輪番で電気を貰い受ける。


[23]水を分解して standard_one

酸素と水素にすればエネルギー作り放題にならないかな?


[24]>11 風力と太陽光の組み合わせなら galacticace

確かに太陽光発電だけでは無理そうですね。

コストを比較してみたらダントツで太陽光発電が高額で現実的ではないようです。

コスト的には風力、水力、火力が大体同じような感じです。

ならば風力と太陽光で補完できないかと考えましたがどうでしょう。

曇っているなら低気圧が接近して来ている事になるので都合が良いように思えますね。


[25]省エネ mokou_jp

だれでもできるでしょう?


[26]シフトする mijusawa

英語を公用語にして製造業は海外にシフトしてIT産業で食っていく


[27]>23 どうやって作るの? london123

どうやって、酸素と水素を作るかが問題ですね?

もしかして、電気で分解するつもり?


[28]太陽光発電!! sidonouso

一軒一軒に太陽光発電を設置して(費用は国が負担)、自分たちが使う電気は、自分たちで作る!!といいと思います!!


[29]バイオマス発電 Okaz

私はおすすめする発電方法はバイオマス発電です。バイオマス発電とは、トウモロコシなどの穀物や家畜糞尿といったバイオマスを発酵して、主に天然ガスの主成分であるメタンを生成し、そのメタンをエネルギーと利用する発電方法です。バイオマスは有限な化石燃料とは違い、栽培などにより繰り返し生産できる上に、バイオマスから生成されるメタンは化石燃料に比べてエネルギー効率が良く、有害物質も排出しません。

私が中学生ぐらいの頃は、バイオマスと言えばサトウキビやトウモロコシから生成されるバイオマスエタノールでしたが、最近では、生ごみからでも生成できるようになりました。

風評被害を受けている農家がかわいそうだから言って、放射性物質に汚染された農作物を食べようと訴えている人がいますが、そんなことをしなくてもバイオマスの原料として売却すればいいのです。また、豊作で農家が農作物の価格が下がることを懸念して生産した農作物を廃棄処分したり、食べられるにもかかわらず見た目の悪い野菜は規格外野菜として廃棄処分されたりしていますが、それらもバイオマスとして売却すればいいのです。

参考:

バイオマスエネルギー - ドクター・ヤマモトの楽しいバイオテクノロジー

バイオマスからのメタン発酵が日本各地で本格化 - アジア・バイオマスエネルギー協力推進オフィス Asia Biomass Office

バイオマス Q&A - 環境用語集 〜環境について調べる〜 - 環境goo

石油に代わるエネルギーは何か - 永井俊哉ドットコム

バイオマスエネルギー - 農林水産省


[30]>29 いいと思います。 ただ・・・。 jpeg4

トウモロコシなどの穀物類の価格が上昇する可能性があります。

栽培すればいい話なんですが、アメリカのように広大な農地を今から造るとなれば、莫大な費用がかかるでしょう。

あと、

風評被害をうけている地域の農作物は、放射性物質の汚染は基準値以下です。

食べても問題ありません。


[31]>30 Re: いいと思います。 ただ…。 Okaz

>トウモロコシなどの穀物類の価格が上昇する可能性があります。

>栽培すればいい話なんですが、アメリカのように広大な農地を今から造るとなれば、

>莫大な費用がかかるでしょう。

動物の糞尿・生ごみ・木材などをバイオマスの原料にすれば問題ありません。


>風評被害をうけている地域の農作物は、放射性物質の汚染は基準値以下です。

>食べても問題ありません。

風評被害の問題は、安全か否かの問題ではなく、安全であるのにかかわらず農作物が売れないことです。売れ残った農作物は、いずれ腐敗してしまうので、早めに売却できなければ廃棄処分しなければなりません。そして、風評被害を受けている地域の農作物を扱った者は廃棄処分する量に応じて損害を受けます。

売れ残った農作物をバイオマスの原料にすれば、風評被害による損害を抑えることができます。


[32]エネルギーレボリューション計画 NazeNani

グリーンピースがオンライン署名の「枝野さん、安全な電気がほしいです」で、かなり現実的で具体的なプランを提案しています。:http://www.greenpeace.org/japan/ja/form/edano3/

(右側の「エネルギーレボリューション」のPDFが、その調査計画書です。)


[33]今は就職難ですから tosidensetsu13

仕事がない人に自転車を漕いでもらうとか…


[34]波力発電 meganer

Googleのデータセンターは波力で発電し、自家発電していると聞きました。安定した電力を供給できそうです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ