人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

兵庫県南部地震、阪神・淡路大震災を経験した方に質問です。

※ 2011年3月の東北の地震が発生する前の状況でお答え下さい。

1.あなたの自宅は家具が倒れないようになどという防災対策はしていますか?
2.いざという時の家族など大事な人との連絡の方法を決めてありますか?
3.防災用品の準備をしていますか?
4.上記質問の回答は被災直後とつい最近とで変わりませんか?

それぞれの回答と、その理由を簡単で構いませんので教えて下さい。

よろしくお願いします。

●質問者: worldtravel
●カテゴリ:生活
✍キーワード:3月 あなた 兵庫県南部地震 家具 家族
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● loio
●16ポイント

1 家具は固定してますが、棚のものや家具の上にはいっぱいものがあります。

家具が倒れてこなければ死ぬことはすくないかな。と。

2 きめてません

3 使ってないキャンプ用品がたくさん

4 変わってないですね

阪神の教訓としては、被災地にとどまっちゃだめってことですね。

すぐ近くにアパート借りて復興するまでは戻らないか、

そっちに腰おちつけるかです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● infosupport
●16ポイント

1.あなたの自宅は家具が倒れないようになどという防災対策はしていますか?

配置は変えましたが、(直撃しない位置などに)、

転倒防止グッズなどは、あまり効果がないように感じます。

震度7強経験しましたが、テレビや電子レンジも吹っ飛びましたので。

特に対策はしていません。

2.いざという時の家族など大事な人との連絡の方法を決めてありますか?

決めてないですね。

3.防災用品の準備をしていますか?

必需品はまとめて一か所に置いていますが、防災用品となると、

賞味期限等によって買い替えないといけないこともあり、特に常備はしていないですね。

4.上記質問の回答は被災直後とつい最近とで変わりませんか?

結局、お風呂の水を断水に備えて貯めとくとか、色々あると思いますが、

凍結になるような気候を除き、普段の生活で毎日震災に備えて万全の対処をしておく、

というのは難しいです。ただ、懐中電灯は手回しで充電できるものに買い替えたなど、

できる部分では変わったといえます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● Baku7770
●16ポイント

1.あなたの自宅は家具が倒れないようになどという防災対策はしていますか?

どちらかというとしていない部類でしょうね。家具が倒れたら怖いというのは、皆さん仰いますが、本当に怖いのは、家具が飛んで落ちてくるのが怖いんです。勢いがついていますからね。大体、転倒防止用の突っ張り棒でわざわざ押さえなくても、家具の上にダンボールなんかが積んでありますから倒れなかった。上下二段になっていたのは、女房が怖いといって一段ずつにしていますが、これはむしろ部屋を片付けるのを面倒臭がっているだけですからね。実は。

2.いざという時の家族など大事な人との連絡の方法を決めてありますか?

決めていません。普段から親戚付き合いをちゃんとしていますから、こことここに電話を入れておけば、どれかで消息がわかるだろうといった程度です。

3.防災用品の準備をしていますか?

していません。家が全壊になれば何も残らないことを知っていますからね。せいぜい、大工道具を用意しているという程度でしょう。これも元々は工作に使ったものですけどね。

4.上記質問の回答は被災直後とつい最近とで変わりませんか?

女房が慌てて懐中電灯買ってきてと言ったので、電気屋さんに行きましたが、売り切れていて買えず、結局ダイソーで買いましたが、女房は震災時は実家に里帰りしていましたので厳密には被災経験者じゃないですからね。

懐中電灯って震災直後以外あまり役に立たないことを知っていますからね。私は自分の実家で被災しました。瓦が全部落ちたという全壊判定です。構造は耐えてくれました。

電気が来ない時は役立つだろうと皆さん間違った推測をされていますが、懐中電灯で明かりを取ろうとすると、誰かが手に持って照らさなければなりません。面倒臭いので、夕食を明るい内に取って、さっさと寝る。これが一番です。せいぜい寝る前に布団の位置を確認した程度でしょう。震災の直後以外は。

明かりは仏壇の蝋燭をご先祖様に御免して使いました。これも火災の原因となった例が今回はあるようですが、昼の内に缶詰食ってそれの空き缶に立てていましたからね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● NON_NON
●16ポイント

1 一部の家具に対しては対策を行っています。

2 非常時の集合場所は決めています。

3 準備はしています。

4 老母が防災用品の中身を色々といじくっているようでした。

私はというと、地震が起こったからと言って急に色々とするのはおかしいだろうと言って関与していません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● さやさや
●16ポイント

1.なるべく背の高い家具は買わない。背の高い家具については天井との間に突っ張り棒を入れる。地震で倒れるのを防ぐためです。

2.特に決めてないです。地震が起こったときにどこにいるか、などによって可能な連絡手段は大きく変わると思われるから。一応、避難所や自宅などに書置きをする、ぐらいのことはします。

3.しています。食料品、飲料水、懐中電灯、ラジオ、ヘルメット等を置いています。

阪神大震災後に置くようにしました。

4.被災前はほとんど何もしていませんでしたが、被災後に対策をとるようにしました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ