人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

5人?10人が入れる勉強ルームがあるとします。
毎日、違った部屋を(←だからロッカー等、大きな固定設備は置けない)管理人が借りることができ、
メンバーは各自、自分の好きな参考書を持ち込んで、数時間ぐらい勉強をして帰る、というイメージです。

さてそういう勉強ルームで、管理人はどういう準備をすれば、みんなにより集中して勉強してもらうことができますか?
たとえばコーヒーとアメ玉を用意するとか、BGMを流すとか、そういったことです。
期間は週2で3カ月間くらい、予算はトータルで数万円程度と思ってください。

ですので、たとえばモノが必要だったりお金がかかるやり方よりは、
手帳を配布し、来た人には毎回スタンプを押す」といった、
ちょっとした作業で、みんなのやる気を持続させられるようなものがいいです。

あと、可能でしたら「管理人は全開室時間の25%程度しか部屋には居られない」という仮定も満たせればベターです。

[1] 想像で書くのではなく、実際に自分が勉強会の管理人になった経験のある方 か、せめて そういった勉強会のメンバーだった方
かつ
[2] 大学生以上の方

のみ、回答してください。よろしくお願いいたします。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:BGM お金 イメージ コーヒー タン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ぽこたん
●50ポイント

長時間集中して椅子に座り続けるのは、実際には設備面(ハード)がソフトよりも重要だったりします。

しかし、ここでは机、椅子の議論をする事は出来ないという事で、その点は省略します。

私の提案としては、全体でコマ目に休み時間を入れるという事です。

小学校は1時間が40分ー45分、中学生は1時間が50分、高校生は1時間というように

大人になればなるほど、勉強時間を確保しなければ、なかなか覚えられません。

しかし、難しい教材になれば集中力が長く続くはずもありません。

全体で決まった時間に休み時間を入れる事で集中力は高められると思います。

ルールとしては、基本的にトイレ、コーヒーの準備などもその時にして貰うと良いと思います。

管理人は全開室時間の25%程度しか部屋には居られないという事ですので、休み時間だけ部屋に行けば良いでしょう。

30分に1回ほど休み時間を取る日程を決めておけば、

皆で10分ー15分ほどコミュニケーションも可能で、出欠席を取ることも出来ます。

◎質問者からの返答

hiroponta様、了解です。ありがとうございます!!


2 ● KAME
●0ポイント

「机の、前にある壁を、青色に、染める」と、言うのは、どうでしょう。 青色は、集中力を、高めることができるのでおすすめします。 あと、hiroponta様の案も、取り入れると、とても効率よく集中して、勉強ができます。

◎質問者からの返答

kaikuu様、常識的にできることとできないことがあります。0ポイントで。

あと他人の意見に乗っかるのも、ここではやめてください。


3 ● sokyo
●70ポイント ベストアンサー

こんにちは。

みんなが長く続けられるような方法を考えました。

まず、勉強会にステキな名前を付けましょう☆

そうすると、参加するヒトは「○○に行く」って呼ぶことができるので、

手帳に書いたり自分の心に吹き込んだりするときに便利になるからです。

ほかのヒトを誘うときにも誘いやすくなり、努力が長続きします。

名前を付けるのに費用はかかりません♪

次に、できればその勉強会にマークを付けられたらいいと思います。

そしてそのマークを、名前といっしょに空き部屋の前に掲げてください。

鉛筆やチョークで書けるような、できるだけさらっとした印がいいです。

市章が参考になると思いますよ!

http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/seisakusuisinbu/kouhoukoucho...

帯広市の市章は、カタカナの「オビヒロ」を図案化しています。

http://www.town.yokoze.saitama.jp/soshiki/machi/hisyo/about.html

横瀬町の町章はたぶん「コ」が4つあるのを図案化したものです。

てか、id:lionfanさんこういうの好きだと思うのでノリで書いてみただけですが。

それから、できるだけネットをうまく活用したいですね。

twitterでその日の会場の場所を流してみたら、

みんなの手元にこの勉強会の情報が定期的にやってくるわけなので、

フェードアウトもしづらいと思います。

ひいては勉強が長続きします!

キャンディはすごくいいですね。

それならそんなに手間じゃないし、お金は少しかかりますが、

少しで済むのでいいと思います。

id:lionfanさんの部屋にキャンディのバスケットを用意しておいて、

それを持っていくようにすればそれだけでOKですね。

しばらくして勉強会が軌道に乗ってきたら、忙しい日には

だれかメンバーと仲よくなって、キャンディ運搬をお願いすればいいと思います☆

たーのしい なーかまが ぽぽぽぽーん♪

ってなります。

勉強しているメンバーには長続きしてもらいたいですから、

運営する側も長続きできるような仕組みにしないといけないと思います。

だからもし私だったら、キャンディはやってもコーヒーはやりません。

コーヒーはお金もかかるし、準備も片づけも手間がかかるし、

それだと長続きしそうにないからです(>_<)o

もちろん、もしid:lionfanさんにとってそれが負担でないなら、

コーヒーを飲みながら勉強ができるなんて夢のような環境だと思う人は

きっとたくさんいらっしゃると思いますっっ。

あとは勉強と関係のないところでも、

また次回も来たい!と思わせるような仕掛けがあるといいでしょうね。

この勉強会は塾や予備校ではないようなので、

提供するのは知識やツールではなくて、環境が大事ってことですものね。

お金がかからない方法でいったら、id:lionfanさん立ち会いのもと、

帰りの会をするなんてどうでしょうか?

みたいな感じでどうでしょう? ひとりひと言で。

勉強会の間は、私語を慎まないと!って雰囲気になってしまうと思いますが、

実際には同じ目標に向かって進んでいるメンバーが集まっているので、

本来なら助け合うことでプラスの効果が期待できるはずです。

http://www.yomiuri.co.jp/nie/note/comu/talking-stick.htm

人数にもよりますが、トーキングスティックなんかを使いつつ

最後に10分ぐらいで情報交換をすれば、みんなの明日への活力になること請け合いです♪

◎質問者からの返答

sokyo様、ありがとうございます!! どれもたいへん参考になる意見でした。

名前のほうは、ぜひ考えてみたいと思います。「帰りの会」は、いられる日にはやってみたいですね!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ