人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福島原発で、配管がどこか壊れて放射能汚染された水が流れでています。
配管のどこかが壊れているかを調べるのはそんなに難しいことなんでしょうか?
配管にセンサーがついていればすぐわかるような気がします。

関連情報あったら教えてください。回答は意味ある情報がのっているページの引用付きでお願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:いるか センサー 引用 放射能 福島
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ぽこたん
●27ポイント

トレンチにも海水にも超高濃度の「原子炉からと見られる汚染水」が漏れているところを見ると、

原子炉の下に大きな穴が開いてですね、そこから漏れ出しているんです。

東電は「水が外に出ているのは確かだが、どういう壊れ方か想定できない。大きく穴が開いているわけではない」と、圧力容器の損傷を明確には認めていない。

東電は曖昧にしてますけど、常識的には圧力容器の下に穴が空いていると考えて良いはずです。

圧力容器から原子炉内部の「超ヤバイ」汚染水が漏れ出して、それがタービン建屋、トレンチというものを伝って、海水まで垂れ流しです。

水を放水しまくっていたので、放射性物質の空中浮遊はとりあえず悪化していないよう(都市の放射性物質はそれほど増えていない)

ですけど、原子炉が海と直結しちゃっているのは、非常に大きな問題です。こんな所で取れた高濃度放射性物質を凝縮した魚を食べたら、水銀汚染の魚食べるより酷い事になります。

東電は「原子炉と海が直結しちゃったどうしよう」と言えないのです。国も知っていたとしても、言わない。

原子炉内部が破損 → 放水しまくって水浸し → 水は溢れて太平洋へ → 実は太平洋の魚はヤバイ こういうシナリオのはずです。

ここにも詳しく書いています。

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110331ddm0030401080...

二ノ方寿(ひさし)・東京工業大教授(炉心安全性)によると、福島第1の原子炉は、水滴を含んだ蒸気を乾かす装置が圧力容器(高さ約22メートル)の上部にあるため、燃料棒の核分裂反応を止める制御棒は容器の底から通す構造になっている。圧力容器は厚さ約16センチの鋼鉄でできているが、底部には制御棒や中性子計測管を貫通させる100本以上の配管がある。

また、こちらにはこんな事が書いてあります。

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/2011...

東京電力は31日、福島第1原発2号機タービン建屋外の「トレンチ」と呼ばれる立て坑内の汚染水から、

1立方センチ当たり1166万ベクレルの放射性物質が検出されたと発表した。運転中の原子炉内の水の約4万倍に当たる高濃度の汚染水が建屋外に漏れ出ていることになる。

◎質問者からの返答

漏れている箇所の発見がどうして難しいのかというのが質問の趣旨です。放射線物質は、格納容器の外に漏れています。どこから漏れているかは圧力容器とは関係ないです。


2 ● JULY
●27ポイント

そもそも、ようやく外部電源の受電が始まって、計器類の一部が復旧した段階なので、センサーが付いていても漏れの箇所を特定できる数値を読み取れる可能性は低いと思われます。

今朝の福島第一原発12:海上保安庁ブログ We're Buddy!:So-netブログ

(何故か、海上保安庁のブログページに書かれているのが見つかった...)

もちろん、人間が目視で調べるには、放射線量が高くて近寄れないし。

◎質問者からの返答

そもそも漏れ検出センサーは付いているのでしょうか?


3 ● 宇治茶漬
●26ポイント

いくつか要因は考えられますが、ここに載っている漏水センサーに類するものを使っているなら、

・館全体の水没や浸水度合いがひどく、常時どこの箇所も反応しっぱなしであるため

解決の役には立たない

・このセンサーに電気が行っていない

のどちらかでしょう。

http://www.optron.co.jp/products/pdct04.html

水圧計等が復活していればある程度の経路の把握は出来るでしょうが、

ある箇所からある箇所までのどこか、という範囲しか分からないため

建家ごと破損している今の状況では最終には目視に頼らざるをえないかと。

目視は今の状況だとたいそう危険ですから、詰まらせて止まるのを待つという

原始的にも思える方法をとらないとしょうがございません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ