人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

外国語からの翻訳で、日本語にすると以下のような意味になる文があります。「加熱器、冷却器の中で熱交換をする。」どうやらこれをすることが工業分野での製造工程の省エネ指向の工程改善になるらしいのですが、私にはどのようなロジックで、これをすると省エネにつながるのかがわかりません。どなたかわかるかた教えてください。

●質問者: bomnhaule7979
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:ロジック 外国語 工業 工程 改善
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ぽこたん
●4ポイント

熱交換器について調べる事をお勧めします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%99%A...

熱は、逃げるものです。

その熱を逃がさなければ、効率の良い発電なども行えます。

ロジックとしてはこんな感じです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1974648.html

◎質問者からの返答

ご回答どうも有難うございました。


2 ● y-kawaz
●42ポイント

工場の中では、加熱処理をする工程と冷却処理をする工程の両方があるケースが多いです。

加熱はともかく、冷却機というのは基本的には熱を冷却等を介して外部に熱を捨てる(冷たい水を送り込んで、熱くなった水を回収して、外部に捨てるor冷ましてまた冷たい水として送り込む)という原理でモノを冷却するものです。

この時冷却装置からは必然的に余分な熱が発生します。加熱器と冷却機が独立していたらこの熱は捨てられるだけですが、冷却器側の捨てられる熱を加熱機の方で上手く再利用すればそのエネルギー分は省エネになる。

ということじゃないかと思います。

◎質問者からの返答

大変わかり易い解説をどうも有難うございました。ほんとうによくわかりました。


3 ● suppadv
●34ポイント

加熱器は、どこかで熱を貰ってその熱を加熱対象に与える必要があります。また、冷却器は冷却対象から熱を奪って、どこかで熱を放出してやる必要があります。

そのため、冷却器が放出する熱を「エアコンの室外機が暖かい空気を出しているようなもの」と考えて、加熱器が熱を貰う状態を「エアコンの室外機の前に水を置いてぬるま湯ぐらいに加熱する」と考えれば考えやすいかもしれません。

◎質問者からの返答

分かりやすいご回答をどうも有難うございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ