人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

FreeBSD 6.1を使っていますが、久々にログインすると、
下記のようなメッセージがSSHに大量に出てきて困っております。

/: write failed, filesystem is full(無限ループ)

dfの結果は下記の通りです。
109%とはどのような状態なのでしょうか。

Filesystem 1K-blocks Used Avail Capacity Mounted on
/dev/ad0s1a 1012974 1012806 -80868 109% /
devfs 1 1 0 100% /dev
/dev/ad0s1f 213152252 155363248 40736824 79% /home
/dev/ad0s1d 10154158 897714 8444112 10% /usr
/dev/ad0s1e 10154158 82590 9259236 1% /var
linprocfs 4 4 0 100% /usr/compat/linux/proc

どうすれば解決できるのか、コマンド付きでご教授頂けますと幸いです。m(_ _)m

●質問者: qwenty
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:109 BLOCKS DF FreeBSD HOME
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● monyo
●50ポイント ベストアンサー

>109%とはどのような状態なのでしょうか。

FreeBSDなどのUNIXでは、万一の時のために、ディスク容量の数%をroot専用に予約しています。df で 100% とは一般ユーザが使用できる容量がすべて使い尽くされたという意味になります。

以下の結果をみればわかるとおり、物理的に 1012974 あるブロックのうち 1012806 ブロックが使われているため、物理的にはまだ空きがあります。ただし、一般ユーザが使用できる容量は使い尽くした上で、さらに容量を消費しているため、df では 100% を超える使用量となっています。

/dev/ad0s1a 1012974 1012806 -80868 109%

>どうすれば解決できるのか、コマンド付きでご教授頂けますと幸いです。m(_ _)m

不要なファイルを消す、移動するなどして領域を確保する必要があります。

ただし、なんのファイルが不要かはこちらで決め付けられないので、コマンドレベルでの指示もできません。

一般的には、/var/log 以下にある各種ログファイルの削除からはじめるのがよいと思いますが、こちらも企業のポリシーなどによるところもあるので、一概にこのファイルを消してよいということはないです。


2 ● あすか
●20ポイント

計算で使用した使用可能量がすべてのファイルセットに対する使用可能量であり、各ファイルセットの容量は別々に計算されるため、時々100%を超えることがあります。

いずれにしても、/dev/ad0s1a はほとんど使われていない状態です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ