人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カメラ座標を現実の座標に変換する方法を具体的に教えて下さい.フットサルの試合をゴール後ろから取ったビデオ映像を元に,選手の動きを解析したいと考えています.具体的には,ビデオ映像をパソコンで再生し,マウスでプレイヤーの動きを追跡して,X,Y,Tの画面の座標を取得した後,それを現実世界の座標に変換し,(X,Y,T)→(X’,Y’,T)そこから選手の動きを解析することを考えています.グラウンドを真上からとったわけではなく,ゴール後ろから撮影していることから,奥行き(Z軸)も加味して,変換する必要があります.具体的な指摘をよろしくお願い致します.

1302319972
●拡大する

●質問者: teamj
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:カメラ グラウンド パソコン ビデオ フットサル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Mook
●45ポイント ベストアンサー

撮影位置の高さが低いほど誤差が大きくなりますし、画面はリニア座標ではなく

どちらかというと局面座標に近いと思います。カメラの特性により歪みもあります

から、計算で求めるより計測用に事前撮影をしてはどうでしょうか。


(1)グランドの奥から手前まで、一直線に歩いて歩数を計測します。

(2)上記の撮影をグランド中央、両サイドライン、およびその中間くらいで撮影します。

※左右対称と考えると片側だけでもよいです。


たとえば端から端まで60歩だったとして、グランドが36m x 16m だとすると

5歩ごとの画面座標を記録すれば、グランドを画面に射影した 3m × 4m の格子点

が得られます。


あとは画面座標から近似計算でおおよその平面座標に変換できないでしょうか。

たとえば グランド中央の格子が下のような座標だった場合

15m (80,100) (220,100)

 x(150,125)

12m (100,150) (200,150)
 4m 8m

x の位置は(6m,13.5m) と計算できます。線形でないので実際はもう少し手前側ですが。


画面座標をEXCELなどに時間軸で列挙し、変換をユーザ定義関数を使用して

行えば、距離計算もある程度簡略化できるでしょう。


撮影位置を高くすれば誤差は多少減りますが、奥側ではm単位の誤差に

なると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます.その考え方は思い付きませんでした.まさにおっしゃるとおりな気がします..


2 ● mouitchou
●35ポイント

静的な画像対象になりますが、

製品情報>ソフトウェア>TransView:株式会社ケーアイテクノロジー

TransView

というソフトを使って、グリッド表示をすれば、写真の透視図的な座標から真上からのXY座標に、画像自体の座標変換をすることができます。試用版がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

画像上でマウスを使ってグリッドを合わすだけで、計算は必要ありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます.まさに自分がやろうとしていることをvisual化しているソフトですね.変換のところというよりは,最初の座標取得のところで便利につかえることが分かりました.ありがとうございました.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ