人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電力供給の仕組みについて教えてください。通常、電力供給量>電力使用量となっていますが、この差分のあまった供給量はどこへ行くのでしょうか?
「発電されてあまった電気は捨てられると」聞いたことがありますが本当でしょうか? エネルギー保存の法則の観点から説明をお願いいたします。

http://www.tepco.co.jp.cache.yimg.jp/forecast/index-j.html

●質問者: DQNEO
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:エネルギー保存の法則 供給 電気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●30ポイント

http://www.tepco.co.jp/life/custom/ampere/q05-j.html

電力は電圧と電流の積で表されます。日本では電流は100Aとなっておりますので、余剰電力が発生した場合、電圧が上がることでそれをプールできます。

例えば1000Wの電力があったとしますね。この場合、電流は100A固定なので10Vで1000Wとなりますが、1100W……つまり100W電力が余ると供給される電圧は11Vとなり、これでプールできます。逆に不足900Wになると9Vとなり、供給される電圧が低下します。これが瞬間的な電圧増減による変化、と言う話になります。

送電システム上は10%の電圧増減が許されていますので、これが各家庭や企業の電気機器に流れ込んでいき、そこで消費されていく訳です。


http://www.nuketext.org/mondaiten_yousui.html

ここは私が質問意図を酌めませんでしたので申し訳なかったのですが、夜間に原子力発電所の電力が余った場合、『揚水発電所』というものでこれを蓄えておきます。

揚水発電所とは、その名が示すとおり水を揚げる機能を有したダム群という事になるのですが、高低差のある二つのダムを作っておきます。

で、夜間原発で作られた電力が余った場合、下部ダムから上部ダムへ水をくみ上げる(発電機は逆に廻せばモーターです)事によって、電力を消費・溜めておくことが出きると言うわけです。そして電力需要の大きくなる昼間に上部ダムの水を流す事で発電し、電力を供給するのですね。

◎質問者からの返答

すみませんが私の質問はエネルギー(カロリー)の差分についての話です。電流電圧については聞いていません。

エネルギーの差分の一部が揚水発電で位置エネルギーに変換されるのは理解できましたが、あとの差分はどこへ行くのでしょうか?


2 ● tyousann
●0ポイント

ここの説明がしっかりしていてわかりやすいですよ。

実はすごい仕組みで、電力は供給されているんですね。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5925465.html

◎質問者からの返答

そこの説明が理解できませんでした。

結局、あまったエネルギーはどこへ行くのでしょうか?


3 ● online_p
●0ポイント

非常に非効率な水力発電のようなものに回されて、より少ない電気に変ります。http://www

◎質問者からの返答

すみませんが、理解できませんでした。

結局、あまったエネルギーはどこへ行くのでしょうか?


4 ● taroe
●0ポイント

>「発電されてあまった電気は捨てられると」聞いたことがありますが本当でしょうか?

本当です。

電力供給量<電力使用量となってしまうと、電線がいたるところで切れる現象が発生します。

そうなると、電線のインフラが使えなくなりますから、電気を捨てることになっても死守しなければなりません。

http://okwave.jp/qa/q1588188.html

ある程度は捨てれるのですが、すべてが捨てれるわけでもありません。

原子力発電を使ってると、出力の調整をこまめにできませんので

夜間の電気が余る傾向になります。

そのため、夜間に電気を少しでも多く使ってもらえるように、電力会社は料金プランを工夫したり

オール電化をすすめたりして対応してます。

◎質問者からの返答

電気を捨てるというのは、どこに捨てるのでしょうか?

エネルギー保存の法則から、エネルギーを捨てるということは不可能だと思います。

http://okwave.jp/qa/q1588188.html

このページを見ましたが、供給と消費の間で差分はない、という理解でよろしいでしょうか?

つまり私の質問が間違っていて、常に供給=消費になっているということでしょうか。


5 ● loio
●80ポイント

2の方のサイトに書かれています。

結論からいうと、電気エネルギーが余らないように発電します。

最初に原子力発電が一定の発電を行います。

これで足らない分は、火力発電が時間オーダーで発電量を調整します。

もっと細かい分オーダーでの変動は、水力発電で、無駄に水を流すことで調整します。

秒オーダー以下の変動は、発電機のローターの慣性で吸収しているんじゃないかと思います。

グラフで差があるように見えるのは供給能力と供給量で、供給量と消費量ではありません。常に供給量=消費量になってます。

http://q.hatena.ne.jp/1302325183

◎質問者からの返答

* 常に供給量=消費量 となっている。

なるほどなるほど。

つまり私の質問が間違っているということですね。

ようやく理解できました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ