人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ubuntuのシェルbashについて。
history機能がありますが、
たとえば前々回に「sudo vim sample.txt」とコマンド
前回「vim sample.txt」とコマンドを叩いたとして
「↑」キーでまず「vim sample.txt」が出てくると思います。
これを「sudo」と入力した状態から「↑」を叩いたとき一発で「sudo vim sample.txt」が候補として出る方法はあるでしょうか。
今は「sudo」と打っておいてもそれは無視され「vim sample.txt」が先に候補として現れてしまいます。


●質問者: dedara
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:bash txt Ubuntu vim キー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● a-kuma3
●10ポイント

ctrl + r を打ってから、sudo と入力すると、候補が表示されます。

ヒストリのインクリメンタルサーチといいます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

便利ですね。

ただtashとかだと↑するだけで履歴をたどれたので

そういう方法もないでしょうか。


2 ● y-kawaz
●60ポイント ベストアンサー

~/.inputrc に以下のような設定を書いておくと望みの動作になると思います。

# 矢印キー上下で履歴検索
set enable-keypad on
"\eOB":history-search-forward
"\eOA":history-search-backward

多分デフォルトでは、上下キーと同じ機能がC-n,C-pに設定されていて、どちらも previous-history と next-history が割り当てられています。

好みの問題ですが、個人的にはデフォルトの上下の履歴移動はそのままにして、履歴検索用には以下のキーバインドを設定する方が好きです。

# C-n,C-p で履歴検索
"\C-n":history-search-forward
"\C-p":history-search-backward
◎質問者からの返答

ありがとうございます。

希望してたことが出来ました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ