人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大前研一氏曰く、ビジネスマンの必須スキルは「英語」「IT」「財務」だといいます。
自分としても異論はありませんが、実際に上記のスキルが組み合わさって仕事をしている
自分のイメージがもてません。

恐らくTIEIC730×ITパスポート取得×簿記3級 ということでは、ほぼ人材価値に
変動なしかと思います。

TOEIC900×プロジェクトマネージャ×公認会計士くらいがMAXスペックで、
上記のうち1個くらいあるとそれ以外のスペックにも掛け算で価値が出てくるのかなと
考えています。

質問としては、「英語」「IT」「財務」がそれぞれが人材に価値を与えるのは
どのレベルからになるのでしょうか??

もちろん、業種や仕事内容にも拠るかと思いますが、例えば証券会社の
支店営業4年目の若手は「英語」「IT」「財務」にあまり縁がないと思いますが、
(財務はちょっとあるか)、そういう人がスキルアップしようとした際に上記を
どういったメドで取得していけばいいのでしょうか??

*スキルをあらわすのに資格は適当ではないかも知れませんが、
他にどういった尺度がいいか分からないので例として出していますが、
ほかに分かりやすい目安があればお願いします。

●質問者: うにぱぱ
●カテゴリ:就職・転職 学習・教育
✍キーワード:IT Max しかと とある イメージ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● あすか
●19ポイント
英語
TOEIC850以上
IT
上級システムアドミニストレータ(IT系企業以外)
簿記
1級(2級以下は企業では役に立たない)

2 ● koutarou
●27ポイント

>英語、IT、財務、それぞれが人材に価値を与えるレベルは?


確かに、大前氏の本では、たびたび書かれていますね。

これに「問題解決力」が加わるようです。


三種の神器(1)(2)(3)+(4)ITは必須条件


*人材に価値を与えるレベル


(1)語学力

外資に企業買収、突然、上司がアメリカ人になった。「英語で交渉できるか」と聞かれ、

即「YES」と答えられる。


(2)財務力(B/S思考)

アメリカ人に「お前の正味価値は?」と聞かれ、

即「家、年金、株で資産はいくら、そこから借入金を差し引き、総資産はこれだけ」と答えられる。


*自己資産を、金利0.1%の定期預金に平気で預けておくようではダメ。

(ビジネスの世界でプロとして活躍できるのか?)


(3)問題解決力

答えのない問題に直面したときに、常に問題解決法のプロセスに従って解決にあたれる。

思いつきで解決案を出さない。


(4)IT

必須条件となってますね。


これが世界標準なんですね。

氏の本を読むたびに、急がねばと思ったりします。


3 ● eses
●18ポイント ベストアンサー

・have to~の ”ライスワーク”(^^;)・・・の評価基準も、

ますます上がっている感はありますね。

90年代はコンピューター、00年代からは、グローバルスタンダードに。

いくつになっても、危機感を適度な緊張感・モチベーションとして、

自身のスキルアップに向けていきたいものですね。

---

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110411/266506/?ST=bus...

そして、さらに、明確なライフワーク・プランニングも加わったのだなーと感じています。

---

今、活躍されている先輩方を組み合わせて目標・モデルにして、

http://www.hisatune.net/

マインドマップなどでマッシュアップしていく様子など、

自身の夢の設計図を描くことが大切にも思っています。

http://booklog.jp/special/curation/

http://n-academy.jp/a_hirano/

なかなか、大変ですが、ライフプランを描くときは、

have to~ よりも want to~ からはじめたいですね。


4 ● taroe
●18ポイント

スキルといういうよりそれらの3要素は単なる道具です。

道具がいいものを持ってるからといって、仕事ができるわけではありません。

>人材に価値を与えるのはどのレベルからになるのでしょうか??

道具の使いかたをどの程度知ってるかによります。

つまり業務による経験や知識がない場合は、

「TOEIC900×プロジェクトマネージャ×公認会計士」でも人材に価値があるといえません。

ただ、大卒直後や2,3年でそのような状態でしたら人材に価値があります。

50歳過ぎて上記の資格だけあっても、その人材に価値はありません。

>実際に上記のスキルが組み合わさって仕事をしている

>自分のイメージがもてません。

あたりまえです。そんなの組み合わせても仕事なんてできません。

日本復興計画 Japan;The Road to Recovery
大前 研一
4163742204


■英語

英語がいらない世界で仕事している場合もありますのでその場合は

学歴と同じようなものと考えればよいでしょう。

学歴があるからといって仕事ができるわけでないです。

実際にビジネスで英語をつかうのなら必須でしょう。

■IT

パソコンがないと仕事がほぼできないのという意味とかわりません。

ITといっても日経ビジネスとかの雑誌程度の知識で十分な人がほとんどです。

■財務

管理職には必須の知識です。ただし簿記知識でもその一部が必要です。

また工程管理などの予算管理をしてる場合は簿記2級程度の知識の1部も必要です。

これは、予算管理や売り上げ管理などの管理職の仕事に必要で、管理職の人なら

簿記の資格がなくてもできるということです。

こういう人たちは簿記3級の試験を受けても通りませんよ。知識が偏ってるから。


5 ● adlib
●18ポイント

過去の問題;三分の一はオリジナルな設問に代える。

わたしは人事には門外漢ですが、数社で数百人の面接を担当した経験

があり、いくつかのアイデアを実行できないまま引退しました。

そこで、固定観念にとらわれず、求人の立場から述べてみましょう。

多くの企業では、入社試験を入学試験とおなじ形式や価値感でとらえ、

面接担当者の能力や、経営者の先入観に左右されてしまいます。

その結果、よく似たキャラクターの新人ばかりが選ばれるのです。

一流会社の(過去の)入社試験問題を、そのままコピーすると、一見

合理的ですが(その結果は)求人・求職の両者が失望するでしょう。

互いに見栄をはるため、なにかと現実ばなれするからです。

現在の課題;「英語+IT+財務」を分散せず、結びつける。

── 「ワタシ、酷天のミキヤだけど、社内公用語を英語にしました。

英語ができない役員は2年後にクビにします」(20100513)

http://q.hatena.ne.jp/1276762183

実務能力については、履歴書なども英文メールで、一次面接は電話で

「In English, please!」のやりとりで十分でしょう。

財務については、なるべく時事的な、直近のテーマを選ぶべきです。

つぎの設問は、ネット検索や財務センスを試すに、有効だと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1259384...

震災の財政規模 ? つぎの試算を補足・訂正してください ?

未来の命題;いつでもどこでも通じる能力とは?

── シリコンバレーへ続く高速道路に、グーグルの求人広告が出てい

る。そこには自然対数と素数に関する問題が書いてあり、解答をインタ

ーネットに数字で入れて最後にドットコムをつけるとウェブサイトに行

き着く。そこではつぎの問題が待っている。それも解き明かして、解答

をパスワードとして人れ、正解であれば、あるメールアドレスを手にで

きる。そのアドレスに自分の履歴書を送って、やっと就職活動が始まる。

http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4569697739

── 竹内 一正《グーグルが日本を破壊する 20080416 PHP新書》P43

最近の話題;新人の能力は、関係者の能力に応じて評価される。

── 大前研一氏が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学(東京)

は24日、仙台市の男子予備校生が希望する場合、入試の受験を認める

と発表した。

同大学は予備校生について「人のやったことのないことをやったとい

う点で、パイオニア的なものを持っている」と解釈。

「倫理観がないと困るので、面接でさまざまな角度から確認する」とい

う。同大学は2010年4月に学部を開設、インターネットを通じて学

生に講義をしている。

同大学は昨年4月に学部を開設。「100%オンラインのみで大卒資

格を取得できる、日本唯一の大学」として、インターネットを通じて学

生に講義。全学生は携帯情報端末「iPod touch」が支給され、

経営学を学んでいるという。── スポニチ Sponichi Annex

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/24/kiji/K20110324...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ