人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

違法やグレーゾーンではあるが、捕まえることや事実上損害賠償や告訴が不可能で、経済的損失が1億円以上ある事柄にはどの様なことがありますか?(国内外、ネット、リアル不問)
ポイントは損失額に関わらず、より多くの例を挙げて頂いた方に多く配分致します。

例:
●動画サイト、個人サイト、P2Pによるファイル交換
・音楽、ソフトウェア、テレビ、映画、ラジオ、書籍に対する著作権料

宜しくお願い致します。

●質問者: j4mika
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:P2P グレーゾーン サイト ソフトウェア テレビ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●60ポイント ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9F%E9%87%91%E8%A9%90%E6%AC%B...

一番有名なのが募金詐欺です。

被害総額は大きいが被害の立証が困難で、しかも少額の場合がほとんどなので被害にあったと分かっても泣き寝入りのケースがほぼ全てと言っても良いほどです。

「○○ちゃんを救う会」などが典型例です。

大御所のユニセフでも経費に関してそれなりな噂は絶えない。

募金というやつは行うべきではない行為の典型例です。

街頭募金で言えば、道路使用許可を取っていない募金は全て募金詐欺と言っても間違いではないでしょう。

今回の地震への募金でも、自治体などを通したものでなければ詐欺のケースが多いようです。

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

「日本ユニセフ 表現規制」で検索すると色々見つかりますね。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%...

寄付や非課税系で考えると宗教などもグレーゾーンはありそうですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ