人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ARX (autoregressive with exogenous input)モデルを実データにフィットするとき、exogeneous inputsと過去の出力を説明変数として二乗誤差最小法を使うと聞きました。

そこで質問です。

(1) この二乗誤差最小部分にL1あるいはL2ノルムのペナルティ項を足してregularizeすることは妥当と言えるでしょうか。
(2) もし妥当な場合、その裏付けとなる文献(解説・証明・使用例が記載されている論文あるいは書籍)を挙げていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

●質問者: satehasateha
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:データ フィット ペナルティ モデル 変数
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ