人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【原子炉、流言打破】
ネットのたちのわるい連中が、本当は安全なのに危険だと騒いていて不快です。

最近はTVなどの報道も危険だと言い出していて怖いです。

外国からの圧力がかかってるのですか?
アメリカはよい国ですので、アメリカと敵対する国ですか?

近頃の報道は今までのことが否定されてるようで、なにを何を信じたらよいのかわかりません。
今まででデマだと言われてたのは本当で、本当だと言われてたことはデマだったのですか?

そこで今も安全だと言い切って活動しているブロガーを探しています。
その記事を読んで安心したいのです。

参考質問
http://q.hatena.ne.jp/1301701727
http://q.hatena.ne.jp/1302012171

●質問者: chinchin-kozou
●カテゴリ:政治・社会 人生相談
✍キーワード:アメリカ デマ ネット ブロガー 不快
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 16/16件

▽最新の回答へ

[1]何が「デマ」なのか TAK_TAK

何が「本当」なのか、

が何一つ示されていません。


[2]>1 本当に yam3104

困りますね!


[3]>2 本当を知りたい! AISUDAISUKI

本当の事実を教えて欲しい。どんな悪い情報でも知らないよりも知っていたほうが安心する。


[4]あくまで個人的な一意見ですが・・・ nao0612sky544

本当は安全?

あなたは何をもってそう言いきっているのですか?

自分も不安でたまらないので、言いきれるだけのソースがあれば是非とも提示して頂きたいです

何を信じたらいいのかわからないのなら、自分でキチンと調べてみるべきです

マスコミや政府、東京電力の発言を聞くのも大事ですが、それが本当に信用に足る情報なのかを自分自身で確かめることも必要かと思います

ネットのタチの悪い連中と聞くとまっさきに2ちゃんねるが思い浮かんでしまいますが・・・・

世の中の2ちゃんねるに対するイメージはかなり悪いものではあります

ですが、そのイメージだけを鵜呑みにしていませんか?

自分で見て確かめた上での発言でしょうか?

確かにタチの悪い連中もいます

ですが、彼らはこと情報収集に関してはすさまじいまでの能力を発揮します

ツイッターのように無責任に情報が拡散することは極めて少なく、信用に足る情報源をネットの海からかき集めてきます

そしてそれを何人もの人が真剣に議論します

なんの根拠もなく安全だと言い切る人たち

自分の手で調べ、いろんな人と意見を交え結論として危険だと判断する人たち

調べるのはタダです

偏見を持たず、色々な人の意見を聞いた上で、最終的にあなた自身がどちらの判断を下すか決めるべきだと思います


[5]個人的には・・・ doradorakm

報道で言ってることを信じたいですがねぇー・・・


[6]私は流言飛語をやめようと言っているのですよ。 pascal7

原子力発電には危険は存在します。

しかし、我々にはエネルギーも必要でしょ。

福島以前の推進はの日本人は失敗しないのだというのは間違いだと証明されました。

しかし、原子力発電は必ず廃止しなくてはいけないというのも行き過ぎだと考えます。

我々はうまく原子力を使いこなさなくてはいけない。


そして世の中には流言飛語をながしておもしろがる人がいます。

被爆していない福島の他の地域の野菜まで売れなかったり。

売れ行きが落ちたりしています。

その他の産品もそうです。


福島以外の地域の産品、車とう機械類まで

海外で被爆していないかテストされたりします。


これは流言飛語でしょう。

売れなくなった福島及び周辺の産品の保証をするのは国です。

つまり、我々国民自身が支払うことになります。

流言飛語の結果我々の財布が傷んでいるのではないですか。

海外で行われるテストのコストも直接には影響しなくても

我々日本の商品が売れなかったりコストに反映して売れ行きが

落ちたりして、遠回りすると我々の生活に影響するでしょう。


被爆して危険になった産品はしかたないです。

我々国民が生活保障をするべきだと私は思います。

しかし、流言飛語を流して現地の人や我々の財布を傷める人は

良くない人だと私は思います。

どうですか。

【原子炉、流言?】の返事はまだ書く体力がないです。

ごめんなさい。


[7]あなたが安全だという根拠が知りたい。 galacticace

「ネットのたちのわるい連中が、本当は安全なのに危険だと騒いていて不快です。」

あなたは「本当は安全」だと言ってますね。

安全だと言い切る根拠は何ですか?

「今まででデマだと言われてたのは本当で、本当だと言われてたことはデマだったのですか?」

あなた言う「今までデマだといわれてきた」のは安全?危険?


[8]個人的な意見ですが・・・ yusuke629

他の発電の方法は資源がすぐに足らなくなりますが、原子力はまだ資源があるらしいので、その点では必要だと思います。

ですが、放射性物質は危険です。それでもエネルギーとして必要かと思います。

全てが危険なことになるのでは無い、と思うからです。

報道もできるだけ信じたいです。


[9]安全って見ない事なのかな saijyoh_739

一度行政が肯定したら事実と違っても、違う事が判明しても違うとはいえない。

権力側にはそんな面がありますよね。

原子力に関してもそんな話が多くでています。

権力持っている者が設置を推進した時点で悪い情報は隠される面があると思いますので、強めに警戒する事は自身や自身と関係する者を守るという観点では有効な方法だと思いますよ。

『本当は安全』という確証が得られる方はそういないと思いますし。

MarkIはMarkII, MarkIII開発中に大きな危険性がある事が判明し設計者が可能ならMarkIは即時撤廃を訴えていたという話もありますよね。

担当者が全く知らなかったという可能性は皆無に近いでしょうから。

それでも対応した安全対策を加えるならまだしも聞かざるを決め込んで安全と説明していたのですよね。

そういう発表が多いのにそれをそのまま信じてという事は避ける方のいらっしゃって当然な気がします。

もちろん、当局からの『安全』発表を盲信するのも一つの方法ですし、それを否定する者はいないと思いますよ。

それは、他人に押し付けるものではないと思います。

自分の責任で自分が判断すれば良い事です。

将来そのために健康を害して苦しむ事になる可能性は非常に少ないかも知れませんが皆無ではないでしょうし。

とはいえ、あれほど大きな事故が起こったのですから、微小な影響くらいは北半球全体とか地球全体に及ぶのかも知れませんね。

それをあえて事故現地に近いところから運ばれたものに接する必要があるかというとそうは思えません。

過去、意図的な安全側への誘導が感じられてなければ、もっと発表自体が信じられるのでしょうけどね。多くの人々に。


[10]まず必要なことは tairasu

原子力や放射線にたいする正しい知識を得ること。(簡単な基礎でも良いので)

その知識を下地にすれば、本当に危険なラインがわかるので、危険キケンと周りが騒いでいても安心できますよ。

そうでないと安全と言い切っているブログが嘘かどうかもわからないので


[11]Reutersで探してください wisteria4

記事とビデオがあります。

ウクライナのチェルノブイリの事故処理の責任者は、放射自体の影響よる人体に対する悪影響より、パニックに陥るなどの悪影響の方が大きかったであろうといっています。


[12]あなたの言いたい事がわからない。「中身が無い」 YAMADAMAY

「何」を貴方が「安全」と言っているのか、「危険」と「デマ」を流しているのか「何」か、分かりません。騒いでいるのは貴方だけではないでしょうか?


[13]>3 本当 takeshi_2009

本当、何が何だか知らない


[14]>12 同感 I11

質問者の問題提起には、具体的な個人名、日時や情報源を特定できるソースがありません。

かといって、質問者の経験にもとづく深慮かといえば、そうともいえない。

原子炉や流言などの社会問題ではなく、質問者の心の内面の個人的な問題にすぎないでしょう。

イエズス会士の散文でも読めば良いと思います。

情報は耳から入ってくることが多く、実際に見るわけではない。

人は耳にしたことを信用しがちだが、耳は真実を受け入れにくく、うそを堂々と通してしまう。

真実は目で確かめて理解するもので、人から聞いて理解するものではない。

伝聞にはたいてい先入観が混ざっている。

時間がたって伝わってくる場合は特にそうだ。

人から聞く話は、伝わってくる過程で話し手の感情や意見によってねじ曲げられてくる。

だから用心して褒貶ともに耳を傾けなければいけない。

その情報は誰から伝わったものかよく注意し、その人の立場をあらかじめ知っておくことが重要だ。

真偽の判断はよく考えてからにしよう。

情報の出所に注意するのだ。

(バルタサル・グラシアン)


[15]なんか・・・ sidonouso

なんか、もっと危なくない電気を起こす装置を作ったらいいですよね!!!


[16]ヤバス mokou_jp

何も分かりませんがなにかの意味があるのは分かります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ