人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://q.hatena.ne.jp/1303289977参照。
カロリーゼロのノンアルコールビールを1日に3本(350ml)程度飲んだ場合は太りませんか?
つまみによる影響はないものとします。
ゼロカロリー食品は危険だという説もあるようですが・・・。

●質問者: Gleam
●カテゴリ:グルメ・料理 医療・健康
✍キーワード:いもの つまみ アルコール カロリー ゼロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● nuenue3
●20ポイント

ご存知かもしれませんが ゼロカロリー飲料 ≠ 0kcal です。

飲料においては、100mlあたり5kcal未満であれば『ゼロカロリー』表記をしてもOKになっています。

極端な話、350ml缶1本に17.4kcalが含まれていても、ゼロカロリー飲料です。

同様に『ノンアルコール』にしても『糖質ゼロ』にしても微量が含まれている可能性があります。

とはいえ普通のビールに比べれば、太る原因と言われている『脂質』『糖質』『アルコール』の量はごく少ないでしょうから、

「比較的太りづらい」と言うことができるのではないでしょうか。

逆に言えば、太る原因が全く含まれていないわけではないので「太る可能性はゼロではない」といった感じですね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

ゼロカロリー飲料 ≠ 0kcalは知っていました。


2 ● suppadv
●10ポイント

カロリーがほぼ0ということなので、太りません。

太るためには、過剰な糖分や脂質が必要になってきますが、それらがありません。つまみを考えに入れなければ、太るために必要な要素がなくなってしまいます。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


3 ● hato_gura
●40ポイント ベストアンサー

他の方も書かれているとおりゼロカロリー飲料 = 0kcalではありません。


また、ビール系飲料には消化を促進する作用があるため、

つまみなどのカロリーを入れないとしても

一緒に食べたものの消化吸収能力が通常より高まります。

高級なブランド牛にビールを飲ませて育てるという有名な話もあります。


また、気にされているゼロカロリー食品の危険性ですが、

一部の甘味料には発がん性や成長影響などの指摘のあるものが含まれています。

FDAなどで認められていない甘味料も

日本では使われていることもあります。


とはいっても、大量に摂取しなければ、

気にするほどでもないかもしれません。


私はというと、気にするたちなので、

人口甘味料が入った食品はあまり口にしないようにしています。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

参考になります。


4 ● こっば
●20ポイント

http://www.bcqp3.com/zerobil/

カロリーがほとんど無い=ほぼ0kcal

少しの量ですがはいってます。

飲料においては、100mlあたり5kcal未満であれば『ゼロカロリー』表記をしてもOKになっています。

極端な話、350ml缶1本に17.4kcalが含まれていても、ゼロカロリー飲料です。

同様に『ノンアルコール』にしても『糖質ゼロ』にしても微量が含まれている可能性があります。

このぐらいでも17.4×3=52.2kcalなので大丈夫だと思います。

太る糖分などの量も劣りますので大丈夫だと思います。

ゼロカロリーと表記されててもいくらかあるので本当のカロリーの量は分かりません。

このぐらいだから・・・・とあまりのみ過ぎないほうがいいと思います。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ