人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ホラー作品(漫画・アニメ・ライトノベル)を探しています。

スプラッタな方向性ではなく、話の内容で怖がらせるような作品が望ましいです。
ハリウッド的ではなく、ジャパンホラー的な。
より具体的には例えば稲川淳二の怪談のような。

おすすめの作品をご存じの方は紹介をお願いします。

●質問者: サード
●カテゴリ:趣味・スポーツ 書籍・音楽・映画
✍キーワード:おすすめ アニメ ジャパン ハリウッド プラ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● tibitora
●14ポイント

「りんたとさじ」

オガツ カヅオ先生

はいかがでしょうか。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=10797


2 ● gtore
●14ポイント

高橋留美子劇場 というアニメの、

第4話 鉢の中 という作品が、とてもおすすめです。^^

浅川幸恵の隣に住む利根川ルリ子の夫と義母が事故でなくなり、葬式が行われていた。ルリ子は悪妻と噂されており、幸恵は関わりを持たずにいた。が、突然ルリ子が訪れ、埋骨に帰るしばらくの間預かってほしいと大量の鉢植えを渡される。

ある日、風にあおられた鉢の一つが倒れ、中から骨らしき破片が出てきた。幸恵は骨はルリ子の義母の物ではと震え上がる。


ほかに、2つのおすすめ作品をご紹介します。

地獄少女 http://www.jigokushoujo.com/

巷説百物語 http://www.tms-e.com/on_air/kousetsu/


3 ● たけじん
●14ポイント

日本の怪談漫画でこれを外してはいけないでしょう。

「百物語」 杉浦日向子

百物語 (新潮文庫)

百物語 (新潮文庫)

  • 作者: 杉浦 日向子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

一番恐いのは、「謎を解かないこと」

投げつけられた恐怖は、そのまま解決せずに、読者に貼り付いている。

解放の呪文である、理由の提示がないので、宙ぶらりんのまま終わるという恐さが残る。

(岡本綺堂の怪談小説もそう)

残念ながら、作者は鬼籍入りだが、きっと江戸で暮らしているに違いない。

「東京へ行かなくてすむから、楽だわ。」とでも言っているんでしょう。

せっせと、江戸の恐い話を集めているはず。


4 ● nawatobi_penguin
●15ポイント

山岸凉子の漫画はどれも恐ろしいのですが(どれも結局は生きている人間が一番恐ろしいです)、

中でもこれは夜寝られなくなります。

鬼 (潮漫画文庫)

鬼 (潮漫画文庫)

  • 作者: 山岸 凉子
  • 出版社/メーカー: 潮出版社
  • メディア: 文庫

歴史上実際にあった飢饉の話がベースになっています。

ただ、今までの作品と違うのはこの作品で初めて救いが描かれたことです。


5 ● papa117
●15ポイント

ストーリー重視となると、

・犬神家の一族

・八つ墓村

は定番でいかがでしょうか。

個人的にお薦めなのは小池真理子さんの「墓地を見おろす家」です。

後を引く怖さです。。。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ