人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本国憲法第九条について質問です。国内問題を解決するために自衛隊が武力を行使しても九条的には合憲ですか?

日本国憲法第九条
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

さて。ということは国内問題を解決するために自衛隊が武力を行使しても問題はありませんか?例えば、浅間山荘事件に自衛隊が出動して犯人を射殺したり、テロ組織の基地を爆撃したり、日本国内で自衛隊が天安門事件のようなことをしても九条的には合憲ですか?

●質問者: tmoriya
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:.日本 テロ 九条 交戦権 国内問題
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

[1]天安門事件ってそうでしたっけ? yossiy7

天安門事件が

>正義と秩序を基調とする国際平和

に叶ってると思うのですか?

---

それはともかく、自衛隊自体が活動する際に参照される憲法は9条だけじゃないので、9条さえ守ればみたいなこの質問はちょっと違うなと思います。

国民保護法とかいろいろ。


[2]>1 九条だけでどうかという質問です。 tmoriya

天安門事件は国内問題なので国際平和とは直接の関係は有りません。九条だけでどうかという質問です。なお国民保護法は憲法ではありません。


[3]ゆで蛙 fuk00346jp

浅間山荘事件に自衛隊が出動

不可です。出るのは警察機動隊です。

自衛隊には警察権がありません。(ソマリアへの派遣でも海上保安官が乗ってます。

条件付可です。

になるかなと


余談ぶつくさ

日本国憲法は「絵に描いた餅憲法」ですし

護憲を言ってる日本共産党がボロ負けしてます。


[4]そもそも seble

自衛隊の存在自体が違憲。

>その他の戦力は、これを保持しない。

違憲な存在だから国外でも国内での活動も違憲。

集団的うんたらは脱法行為。

もちろん、警察権が無い点も同様。

>前項の目的を達するため、

以外でも、そもそもの戦力の保持を禁止している。

国内は警察が武力を持っているからこれで十分。

自衛隊は解体して、海上保安庁と災害救助隊にするのが一番。

予算が半減すれば震災補償も少子化対策もかなり進む。

赤字国債のくせに、自衛隊が整備もできない政府専用ジャンボなんて贅沢すぎ。

フランスみたいに中古にするか、中型機に燃料タンクを増設すれば十分でしょうに・・


[5]九条だけで議論することが問題です Baku7770

九条とは全く関係ないでしょう。他国との交戦権についての規定ですから、国内の治安維持に適用しようとされることが問題です。

他で自衛隊の存在をどう考えるかという議論をされていましたが、そもそも自衛隊の前身である「警察予備隊」という名称のままだったらどう考えるのでしょうか?それこそ、警察に戦車や重爆撃機を持たせてはいけないとは憲法に記載されていないんですから。

大体、武器を持っているから軍隊だというのもおかしな話しで、海上保安庁の巡視艇には以前は76mmの大砲が搭載されていましたし、現在でも40mmの機関砲を搭載している巡視艇がありますからね。

可能かどうかという質問なら、自衛隊法の78条から81条に治安出動に関する規定が在りますから、可能です。

憲法ならむしろ31条との兼ね合いについて議論されるべきだと考えます。


[6]>3 自衛隊法78条 Baku7770

「内閣総理大臣は、間接侵略その他の緊急事態に際して、一般の警察力をもつては、治安を維持することができないと認められる場合には、自衛隊の全部又は一部の出動を命ずることができる」

がありますから、不可と断言するのは間違いですね。もっとも、あさま山荘事件のように12番ゲージ散弾銃、22口径ライフル、38口径拳銃とパイプ爆弾で武装しているたった5人の学生に治安出動を命じる総理大臣はいないと思いますが。実際2枚重ねのジュラルミン盾を貫通できなかったんですから。

これが、38口径の自動小銃と手榴弾であれば治安出動はありえたと考えます。


[7]>2 九条だけでというのなら Baku7770

極論ですが、人を殺しておいても199条以外の刑法には違反していないんですから、無罪ですね。

九条の陸海空その他の戦力という点が引っかかっておられるのでしょうが、第二次世界大戦前のドイツも国内の警察用として武器を開発したという過去があります。


[8]>7 本当、何故九条だけで語ろうとするんでしょうか? yossiy7

極論すれば、九条には万引きの禁止も、他人の家の前でゲロを吐く事も禁止されてませんし、痴漢の禁止もされていません。

自衛隊がしてもいい事・悪い事、その全ての根拠を九条「だけ」に求めるのであれば、自衛隊の人間が痴漢しても騒いではいけない、というワケの判らない事になります。

普通、考えれば国内・国際上の「(その事の大小に関わらず、自衛隊に)関係する」あらゆる法を考慮に入れるべきでしょう。

>なお国民保護法は憲法ではありません。

かなり危ない事を言ってると思うのですが、自覚ありませんか?

憲法も、法律も、両方共、基本的には守らないといけないものなのです。

憲法さえ守れば、法律を破ってもいい、などというワケの判らない主張は通らないでしょう。

九条だけを根拠に入れる事自体、間違ってるとしか言えません。


[9]>6 ごめんなさぃ fuk00346jp

すごすごと退散

_(._.)_


[10]>8 政党の存在自体も Baku7770

村山で政権を一時的にしろ獲得してから社民党が言わなくなった結果、自衛隊の存在を公に否定しているのは共産党だけですよね。

まぁ、仙石みたいに個人で否定しているのは沢山いますが。

ところで、憲法には政党って規定されていませんよね。じゃぁ何故政党交付金を貰うのでしょう?これこそ違憲じゃないですか。選挙の際に〇〇党公認と書いたりするのも違憲だし、選挙母体とするのも違憲であるべきなんですよ。本当に現日本国憲法を金科玉条にするなら。

九条と自衛隊の問題よりも、現憲法が抱えている矛盾を理解して、憲法の良いところを発展させ、悪いところを徐々にでも改正していくのが本来あるべきだと私は考えます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ