人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Mac には 200MB の EFI システムパーティションが存在していますが、ここには何が入っているのでしょうか?

初めは EFI システムデータやそのアプリケーションである rEFIt 等がインストールされた場合に利用されると思っていたのですが、先日調べてみると BIOS との互換性を保つためだけに存在していて利用されていない領域であるとか、GPT 用領域であるという情報もあり混乱していますが、どれが正しいのでしょうか?

また、もし EFI 本体がこの 200MB に存在しておらずファームウェアに書き込まれているのであれば、rEFIt はどこからどういう手順で起動しているのでしょうか?インストールと同時に rEFIt もファームウェアに書き込まれるのでしょうか?それとも、rEFI 自体はハードディスクの Mac OS のパーティションに存在していて、EFI が起動時にパーティションを認識して rEFIt を見つけ出し、そこから起動しているのでしょうか?

●質問者: quesit
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:BIOS EFI GPT Mac Mac OS
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● あすか
●27ポイント

MacのEFIは、MacOS X を動かすためのファームウェアが入っています。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

EFI の概念に関する資料は多いのですが、具体的な実装については情報が少ないですよね。


2 ● online_p
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/Extensible_Firmware_Interface

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

Wikipedia 等、一通りの資料は調査済みなのですが、ほとんどが概念に関する情報ばかりで、具体的に何がどこに入っていて、どういう手順でブートしているかといった情報にはどうしてもたどり着けないですね…


3 ● あすか
●26ポイント ベストアンサー

EFI の概念に関する資料は多いのですが、具体的な実装については情報が少ないですよね。

UEFI で情報公開されていますよ。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

英語は避けてた部分もあったのですが、やっぱり読むしかないのかなぁ…

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ