人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校物理
問題・解答例 http://f.hatena.ne.jp/massa-will/20110511140803
質問 手を5回叩く時間について、解答例では[2]のように考えているように思います。どうして0回目から1回目のあいだの時間を考慮する必要があるのでしょうか?教えてください。

●質問者: massa-will
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:あい 物理 考慮
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● mezase50
●10ポイント

「手を5回たたく時間」のことを「6回たたいた場合、1回目から6回目までの時間」と説明しているので「1回たたく時間」は「初回叩いた時刻から2回目を叩いた時刻の差」を意味していることがわかります。

0回目から5回目の時間ではなく1回目から6回目の時間と問題文では表現されています。


参考:植木算

◎質問者からの返答

回答をありがとうございます。参考になります。


2 ● きゃづみぃ
●10ポイント

回数は たとえば のように 単なる例です。

例で 5回叩いた間としているので それを正確にとらえるために 0回目を 最初の1回目としているだけです。

◎質問者からの返答

回答をありがとうございます。参考になります。


3 ● うぃんど
●60ポイント ベストアンサー

「手をたたく時間」=「手をたたく間隔」という理解が出来ているので、あと少しだと思います

「1回目に手を叩いた時に同時に音が聞こえるとすれば、

それは何回目に叩いた音が返ってきているのでしょうか?」と問われればゼロ回目

実際にはゼロ回目というものは存在しないため、

「6回手をたたいた場合、1回目から6回目までの時間」で補足されているとおり、

ひとつずつずらして、実際には6回たたくという事になります

◎質問者からの返答

そういうことなのですね。よくわかりました。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ