人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福島第一原発の一号炉が炉心融解しているとのこと。
事実上制御不能になったと理解しました。
つまり、核燃料が燃え尽きるまで冷やし続けなければならないということだと思います。


そこで質問なのですが。
核燃料が燃え尽きるのにどれくらい時間がかかるのでしょうか?
もうひとつ。
今まで注ぎこまれた水はどこにいってしまったのでしょうか?


解答の際のURLはあってもなくても可能です。
また質問がある際は、コメント欄を開放しておきますので、そちらでお願いします。

●質問者: 江戸十七(十四)
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:URL ひとつ コメント欄 事実上 炉心融解
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Banias
●35ポイント

核燃料が燃え尽きるのにどれくらい時間がかかるのでしょうか?

3?4年。


今まで注ぎこまれた水はどこにいってしまったのでしょうか?

蒸発したものと土中にしみこんだものがあると思われます。


2 ● suppadv
●35ポイント

早くて3年、遅ければ50年程度の可能性があります。

炉心融解と言っても、再臨界を起こしているわけではないので、現状の予想とは大きく変りません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457736...

高レベル放射廃棄物は50年程度とされていますが、

炉心の燃料ペレットの場合、

制御棒が機能し、ホウ素も注入されているので、

現状のままであれば、3年程度との見方があります。




水の行き先は、考えると怖いですね。

海か、地下水か・・・・。

◎質問者からの返答

皆様、ご解答ありがとうございます。

どうやら再臨界はしていないということで、チャイナ・シンドロームの心配は無いようです。

問題は水の行方で、地下に溜まっているということですが、これの放射性物質を除去して循環させるというのはそれほど簡単では無いような気がします。

いずれにしても、良い方向に事態が収束することを望みます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ