人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

シャトル打ち上げについて3つ質問です。部分回答歓迎です。ひとつめ、TマイナスのTは何の略ですか。ふたつめ、打ち上げ五分前にローンチウィンドウが開くとありますが、これは10分ある窓の真ん中が一番タイミング的にいいから、ですか? みっつめ、打ち上げ七秒前に中止になったことがあると聞きましたが、それはstsいくつのときで、何が理由だったのでしょうか。よろしくおねがいします。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:sts つの ひとつ ウィンドウ タイミング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● syntaxerror
●23ポイント

ひとつめとみっつめを回答します。


>TマイナスのTは何の略ですか。


timeとかtakeoffとか諸説あるようですが、NASAの人曰くTEST(テスト)のTだそうです。

http://www.collectspace.com/ubb/Forum3/HTML/004055.html

according to Shuttle Launch Director Mike Leinbach, it stands for "test":

Abigail from Pembroke Pines: I've heard that during a launch countdown the "T" in T minus does not stand for "Time." If so, what does the "T" really mean?

You hear us talk in the Launch Control Center about T-9 minutes, T-20 minutes, etcetera. And so the assumption is that T stands for time. I joined the space program about 20 years ago and I asked this question of my elders in the program when I did join, and it turns out that T stands for test. Because it's not always related to time. And so, in the early days of the space program, back in the Mercury and Gemini days and, indeed, Apollo, T stood for test. Because again, not all tests are based on time. It could be the start of a particular test in our Orbiter Processing Facility that is independent of the time of day. And so, the T actually stands for test. Good question. It took me awhile to figure that out myself, but it's a good question.


>打ち上げ七秒前に中止になったことがあると聞きましたが、それはstsいくつのときで、何が理由だったのでしょうか。


STS-93のようですね。

What Happens During a Last Second Shuttle Launch Abort

http://www.universetoday.com/32413/what-happens-during-a-last-se...

Here’s a link to a video with a compilation of all five launch aborts, (and includes STS-93 which aborted with 7 seconds to go)

http://www.youtube.com/watch?v=_aoGXb25lsU


http://en.wikipedia.org/wiki/STS-93

The launch was originally scheduled for July 20 but the launch was aborted at T-7 seconds. The successful launch of the flight occurred three days later.

abortの理由はwikipediaの下の方に"excessive hydrogen detected(過度の水素検出)"とあるので水素漏れだと思われm差う。


2 ● うぃんど
●23ポイント

1つ目:timeのT

発射9分前 lift-off time minus nine minutes

2つ目:補助動力が動きだしてしまうからです

T-5でセーフティ解除&補助動力回路ONで始動を開始してしまうため、もはやカウントダウンクロックをホールド(一時停止)することが出来なくなり、その時点でローンチウィンドウが開いていなければ中止となってしまいます

すなわち始動前に「進路確認!進路クリア!」というような返事が必要ということです

3つ目:STS-93 1999/7/20

http://en.wikipedia.org/wiki/STS-93

The launch was originally scheduled for July 20 but the launch was aborted at T-7 seconds.


3 ● syntaxerror
●22ポイント ベストアンサー

2回目です。

ふたつめの

>打ち上げ五分前にローンチウィンドウが開くとありますが、これは10分ある窓の真ん中が一番タイミング的にいいから、ですか?

について回答します。


STS-134 Countdown Timeline

http://www.spaceflightlatest.com/www__Dspaceflightnow__Dcom/_STS...

The launch window is roughly 10 minutes long. To maximize ascent performance, NASA targets the middle of the window. A final hold in the countdown at the T-minus nine-minute mark will be extended as required to hit the desired launch time.


これによると上昇パフォーマンスを最大限にするためにlaunch windowの真ん中に打ち上げ時刻とし、T-9 minute でそれを確定したとあります。

launch windowは打ち上げによって異なり、STS-134は10分の窓が開いているのでその真ん中、つまり「打ち上げ五分前にローンチウィンドウが開く」ように設定したのであってT-5minuteの"Start auxiliary power units"のシーケンスとはたまたま時間が一致しただけで因果関係はありません。


余談ですが"launch window"は宇宙探査機などの場合は2秒とか非常に狭い窓になることがあるようですね。

宇宙探査機の場合だと、目標の天体に到着させるためには所定の軌道に投入せねばならず、そのためにウィンドウが厳密に設定される。例えば月探査機「かぐや」が打ち上げられた2007年9月14日のウィンドウはわずか2秒間であった。小惑星探査機「はやぶさ」の場合は30秒間あった。

◎質問者からの返答

おもしろい余談までありがとうございます


4 ● hanako393
●22ポイント

Timeの略です。

シャトルの発射以外にも使われてます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ