人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【多世界説の経験的証拠】
今皆さんが目にしている世界が、より上位(具体的には一つ上)の世界から見た下位世界だと仮定してください。

その上で、あなたが考える上位世界を回答欄で論じてみてください。

回答は基本的にフリーでいいのですが、

※今皆さんが目にしている世界=現世界と上位世界では "どこが" "どう" 違うのかは必ず含んでください。

前例が無いと書きにくいと思うので、回答は随時オープン&一人二回回答でまったり進行したいと思います。

質問者も正解を知らないので、回答欄の充実度に応じてポイントを、最も論理的に納得できたリアリティある仮説に "いるか" とさせていただきます。


1305797807
●拡大する


●質問者: あるぴにっくす
●カテゴリ:旅行・地域情報 ネタ・ジョーク
✍キーワード:あなた いただきます いるか まったり オープン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● Banias
●30ポイント

上位世界には、現世界に実在する素粒子に1対1対応する“上位粒子”が存在します。


上位世界の“上位粒子”は運動しており、この運動が現世界の「時間」として投影されます。

ただし投影されるのは、現世界で「正の時間」として運動する“上位粒子”だけです。上位世界には、現世界では過去に遡る素粒子や時間的に静止している素粒子は存在しているのですが、これらは現世界には投影されないのです。


このような上位世界から現世界に対する粒子の投影に関わる数学モデルが発見されていないため、現世界ではあり得ないはずの時間軸を過去に遡るという科学式が成立してしまいます。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

しょっぱなで難しいとは思いますが早々に入れていただき感謝です。正直こちらも手探りな質問なので。

世界の生成部分にまで掘り下げましたね。それはそれでいいのですが、反粒子とは似て異なるものなのでしょうか? なんとなく影絵みたいな感じですかね。

回答を読む限りでは、上位というより"裏世界"と言った方が近いのかなと感じますがいかがでしょう?

さて、SFの概念論的な偏り過ぎてますが、もうちょっと具体的な感じでもいいですよ。(それこそマトリックスやループ的な世界観の説明で。)

あとは現世界との関わりをもう少し噛み砕いて書いてもらえると納得しやすいです。


2 ● miharaseihyou
●30ポイント

所謂平行世界論ですね。

上下の存在を仮定するには上位の意識が必要です。

しかし、私は、上位の意識を存在させる媒体が無いと考えます。

意識されないものは存在しない。

そういう立場からすれば、多次元立体的に網の目のように広がる平行世界が上下の脈絡もなく存在する。

上も下も、横も前も無い世界が次元の区別さえなく広がっていると考えます。

少しずつ違う世界が、どこが違うのかさえ溶け合うような、次元がいくつになるのかも正確にはわからないパラレルワールドを提案します。

次元の壁は世界に溶けて可変する。

世界は変化しながら次元に溶けていく。

全体の傾向としては無限に広がるのではなく、エネルギーによる限界があって一定範囲で収斂するような世界だと予想します。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

敢えて書かなかったのですが、べつに上位世界は高次元である必要はないですよ。(参照文にいれようか迷ったのですが)恐らくmiharaseihyouさんの頭にあるのは二次元の世界の住人は・・・という概念かな、と感じられました

実はもう少し柔らかい想像を想定しておりまして、上位世界にも人間のような存在がいて・・・・といった感じで。

全体の傾向としては無限に広がるのではなく、エネルギーによる限界があって一定範囲で収斂するような世界だと予想します。

宇宙理論の概念に近いのかなあという感想です。

面白いですが、イメージが掴みにくいので、何か主体となるモノを書いてもらえるとうれしいです。


3 ● 勇者よっしー
●30ポイント

上位世界をどう考えても、一般の人が「物質」と捉えているものは、存在できないでしょう。

ひょっとしたら「ルール」や「概念」だけが存在している世界、という事になるやも知れません。

つまり、何らかの原因でエネルギーが発生したら、そのエネルギーの発生箇所、エネルギーの性質、エネルギーの方向、周りの状態、そういったものが「ルール」により整然と動き処理されて、ある程度の影響を与え、影響した事によりエネルギーは消費され、消えて行くのでしょう。

しかし、影響によりまた別のエネルギーが発生し……と、その繰り返しで、エネルギーは常に流れていきます。

私達が生きる、この次元の人間(つまり我々)は、エネルギーを利用して生活しています。エネルギーが無ければ、そもそも人は発生せず、発生していたとしても瞬時に消滅します。我々はエネルギーをいかに利用するか、という事から「生きる」という営みを行っています。

よって、この世界で発生するエネルギーをいかに利用するか、という事が生きる基本となっています。

我々より高次元に知的生命体が存在していたとしたら、高次元で発生するエネルギーの元を、いかに利用するか、いかに発生させるか、という事を基本にして活動する存在となるでしょう。

では、エネルギーはどのようにして発生するのでしょうか。

とりわけ最も効率がいいのは、第二次性徴機の少女の希望と絶望であり、その少女の魂をエネルギーに変換させるときに「ソウルジェム」という宝石が出来ます。

ソウルジェムになった少女たちの魂は燃え尽きてブリーフシードへと変わるその瞬間膨大なエネルギーを発生させます。

それを回収するのが「インキュベータ」と呼ばれる存在で、我々の世界では猫に似た姿の白い動物です。

エネルギーの量は、その少女が持つ因果の量に比例します。因果が増えることにより、エントロピーは増大します。

ソウルジェムを持った少女は「魔法少女」として、ブリーフシードの成れの果ての「魔女」を倒します。しかし魔女を倒す事で、徐々にソウルジェムは「呪い」を受け輝きを失っていきます。

そして、最強の魔法少女は、ついに因果律に対して冒涜とも取れる行動を取ります。

それにより、この世界の法則は変わりました。ただし、最初からその法則こそが正しかった、と「世界」自体が変わってしまいました。

我々は誰一人として、その少女の名前は覚えていませんが、それはともかくブルーレイ版を買おうと思います。

◎質問者からの返答

か、回答? ありがとうございます。

ふむふむエネルギーですか、また上位世界の推測は概念からスタート派ですね。途中からエネルギーというキーワードの数を数えようか迷っていたところに、

とりわけ最も効率がいいのは、第二次性徴機の少女の希望と絶望であり、

!?

とりあえず、回答としては純粋に楽しめました、と言っておきます。

余談ですが、世界再編後の "ま●か" は上位世界といってもいいかもですね。


4 ● taroe
●10ポイント

宇宙意志のようなもの

魔法少女まどかマギカの最終話で出てきたような上位の存在

筒井康隆の『エディプスの恋人』で出てきたような神的な存在

全ての場所に遍在する神

エディプスの恋人で、七瀬が神と入れ替わった時の描写があるのですが

上位世界の存在とはそういうものなのではないかと思います。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

"まど●" はネタ被っちゃいましたね。

どうも過干渉気味な上位世界ではありますが。

七瀬再び! ですね。

どこにでも存在するが誰にも見えない、という修辞は個人的には好きなのですが、具体的に例示するのは難しいですね。だから上位世界ということかもしれないですが。


5 ● Lhankor_Mhy
●30ポイント

上位世界での存在が「生」から「死」状態になると、対応するこちらの世界の生命が死を迎えます。

上位世界での存在が「死」から「生」状態になると、対応するこちらの世界の生命が誕生します。

上位世界での存在は「生」「死」を繰り返しても連続した存在ですが、対応するこちらの世界の生命は非連続です。

このような上位世界の存在を表現するのに「魂」という言葉はなかなか適切だと思いますし、「死」から「生」状態になることを「生まれ変わり」と呼ぶと理解しやすいかもしれません。

ただし、上位世界の因果律はこちらの世界の因果律と異なっているため、たとえば「あなたのお父さんはあなたの生まれ変わり」というこちらの因果からは理解しがたいことも起こります。それどころか、この世界の現在の生命全てが、一つの「魂」による生命である可能性も否定できないことになります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

死生観とかにつながる考えですね。そういえばそういうのもありますね、忘れてました。

極楽浄土とかキリスト教世界の天国とかですね。

そういえば、そういう話はアニメやマンガにいくつか例がありますね。

ただ、純粋に小さいころからの素朴な疑問なのですが、現世界の人口は近代以降爆発的に増えてるのですが、対応する上位世界も一様に人口爆発してるんでしょうかね。あ、Lhankor_Mhyさんの設定だと減少だから大量死滅なのか。ややこしいなあ。

この世界の現在の生命全てが、一つの「魂」による生命である可能性も否定できない

これだとしたら理屈の上では解決ですけど、なんとなくしっくりこないですねえ。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ