人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ファイルサーバについて質問です。

サーバとNASとの違い(メリット・デメリットなど)を教えて下さい。

個人的に違うと思っているのは

サーバ
・値段が高い
・容量の拡張が可能(外部で拡張が可能)
・他の業務で利用可能
・性能が高い(カスタム可能)

NAS
・値段が安い
・容量の拡張に限界がある(本体に依存)
・ファイルサーバ専用
・性能は低い(本体に依存)

ぐらいです。

基本的に、サーバは価格が高いので性能もいいというイメージなのですが、それだけですかね?

それだと、サーバをファイルサーバとして運用している企業の理由はなんですかね?

NASを入れれば安くて一番いいような感じがするのですが・・・。

サーバで入れた方がいい!っと納得できる理由はありますか?

ちなみに、親会社が上場しているしているので個人とか、中小企業とかではないです。

宜しくお願いします。

●質問者: farusan
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:NAS イメージ カスタム サーバ デメリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● taroe
●24ポイント

NASというのは、サーバーの中でもファイルサーバ専用機という位置づけです。

NASの場合、ファイルサーバ専用に最適化されていたりして、

同値段帯のサーバー機よりもファイルサーバーとしては高速で安価なのが特徴です。

>サーバをファイルサーバとして運用している企業の理由はなんですかね?

あとで、ハードウェアもソフトウェアも拡張が可能な点などがあげられます。

たとえば、バックアップとかセキュリティーを強化したりとかそういうことをしたい場合に

数あるソフトから選択が可能な場合が多いです。

また、外部メディアにバックアップを取るなどする時にもサーバーのほうが汎用性が高い場合が多いです。

それほど接続台数がないなどのがあればNASを使うところも多いです。

>サーバで入れた方がいい!っと納得できる理由はありますか?

障害が起こった場合に、障害が起こらないようにどのような構成になってるのかを検討して

比較するとよいかもしれません。

バックアップ中でも、ファイルにアクセスしたいとか更新したいとかいろいろな要因があるでしょう。


2 ● online_p
●1ポイント

nasもサーバーなんですけど、一応。


3 ● Banias
●25ポイント

NASは Network Attached Storage の略です。

つまり、ネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ専用機のことです。


これに対し、サーバは汎用性があります。

データベースサーバ、Webサーバ、DLNAサーバなど、さまざまな用途に利用することができます。


4 ● mezase50
●25ポイント ベストアンサー

NASもハードウェアとしては単なるサーバーと変わりはありません。

値段もどちらもピンキリでNASだから安いとか単純には語れません。

NASは言わば目的に特化したサーバーであり、サーバーは汎用な目的としているところが違います。

下図を見てもらえるとなんとなく分かると思います。

サーバーの場合は汎用性があるので小回りが利くので比較的小規模の構成に向き、NASを使う場合はストレージ専用に使うので用途は限られるので他の用途に転用するなどの小回りが利きにくい反面ストレージとしての性能が出るようにチューニングしてあるというメリットがあります。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071116/287367/zu02.jpg


以下の記事を参考にしてみてください。


第1回 NASか汎用サーバーか[前編]

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071116/287405/

第2回 NASか汎用サーバーか[後編]

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071116/287367/


5 ● saijyoh_739
●25ポイント

> 個人的に違うと思っているのは

の内、

> ・容量の拡張が可能(外部で拡張が可能)

に付いては………。

http://www.logitec.co.jp/products/nas/lhdlan.html

例えば上記の様な感じでNASのUSBポートにHDDを追加したりできる製品もありますし(HDDやメモリは追加できる製品もある)。自由な拡張性という意味ではサーバがずっと上ですが、NASもある程度の拡張性は持っている製品も少なくないです。

> ・性能が高い(カスタム可能)

性能と機能は別でNASは機能が限られているという面は強いかと思いますが、性能についてはなんとも言い難い面もありますね。ファイルサーバとして効率良く動くように設計されているハードですからNAS設計者が想定している範囲ではNASの方が効率よく動く場合もあるでしょう。



> サーバで入れた方がいい!っと納得できる理由はありますか?

NASでは必要とする能力が得られないという場合はあると思います。

NASもかなりの部分パソコン的な拡張性もありますが、それでもコンピュータ同様に高い能力を持った製品というのはありません。

※サーバはコンピュータとしても普通のコンピュータよりずっと多くのメモリが搭載可能だったり、IOが各ボードに十分割り当てれる様に一つだけで帯域を使い切る様な事が避けられていたり(ディスプレイに高率の帯域を取られてって事がない)と大規模にサービスを提供する上で必要な機能を持っている事も多く、NASでは無理な事もあります。(例えばRDBMS[SQLサーバなど]を動かすサーバをNASでというのは難しい)

http://blogs.yahoo.co.jp/tech_7up/17861904.html

上記ページで紹介されている製品の様に、メモリを追加したりできるNASはあります。

※ NASもLinuxやBSD等のOSを使ったサーバである事が多いですが、普通のコンピュータとかなり違うところもあります。例えば、OS本体がストレージデバイスではなくFlashROMに書き込まれているのでファイルを書き変えるなどの方法は通常のコンピュータと比べるとずっと行い難いです。その辺りの事情で多くのセキュリティホールが実質意味ないものだったりします。(NASでも問題になるセキュリティホールもありますし、HDDなどに比べて対応は若干面倒かもって面もあります)


> NASを入れれば安くて一番いいような感じがするのですが・・・。

>

> サーバで入れた方がいい!っと納得できる理由はありますか?

サーバでないとダメな場合はありますよ。NASでは能力不足(機能面でもあるでしょうし、資源面でもあるでしょうし。メモリが足りないとかCPUの能力が足りないとか)とか。

手軽にある程度の安全性を確保できるという面ではNASが選び易い場合もあるでしょうが、NASでは無理な場合もあるし。

それと、始めからサーバしか考えてない担当者がいたりもするかと。

皆が皆、NASを検討対象の一つとしているともいえませんし。

NASしか考えてないという場合もあるでしょうが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ