人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカは他国に各放棄を迫りつつ
自国は平和利用というよくわからないことを言いますが
一体どのような建前なのでしょうか?
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052101000701.html


●質問者: degucho
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アメリカ 平和
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●30ポイント

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/special/20100628_01.html

私も新聞でこの記事を読みましたが、『新型』というのはちょっと煽りすぎではないかなぁ、と思いながらみておりました。

核兵器を保有している限り、その保全には核実験が必須で、未臨界核実験についてはそれまでの臨界核実験のデータ集積やコンピュータによるシミュレーション技術が必須となるので、それを保有していない核保有国は未臨界実験自体に批判的な状況です。

インドやパキスタンは当然の事、中国も確か拒否してたんではないかと思うのですが、どうでしたかねぇ。

ともあれ、この未臨界核実験がどういう方式で行われたのか報道もありませんし、多分我が国の報道機関はする気も能力もないものと思います。で、未臨界である以上、それは核兵器にはなり得ないと思いますので今回の件については特に脅威と感じてはおりません。

それよりも、世界各国で反原発気運が高まる中、廃棄核弾頭の使用先と考えられていた“TWR”炉などの計画が頓挫すればやっぱ兵器として持ってるしかないかぁ、などということにならない事を祈るばかりです。

個人的には中朝の核兵器がよほど脅威なんですけどね。

◎質問者からの返答

すみません。リンクの記事はたまたま最近あったので載せただけです。

「俺は武器を捨てないけどお前は捨てろ」というのが建前上許されるのか?

というのが趣旨です。

中朝がぶっぱなすより日本に寄港した原潜がどうにかなるほうがリスクが

高いのではという気もしてきますし。


2 ● 潮澤 昴
●20ポイント

米国(及び英、露、仏、中)は経済/軍事大国です。

  1. 上記理由によりボイコットされたり暴れられたりすると国連が成り立ちません。
  2. 上記理由により米国(及び英、露、仏、中)は安保理の拒否権を持ちます。
  3. 上記理由により核軍縮条約を作る際に骨抜きにするしかありませんでした。
  4. 上記理由により核軍縮条約の一種である核兵器不拡散条約(NPT)が結ばれ発効しています。

上記のNPT条約を根拠に核不拡散を謡うフザケタ国(々)です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E6%8B%A1%E6%95%A3%E9%98%B...

◎質問者からの返答

NPTって新規ソープランドが建てられないみたいな話ですが

建前としては使えますね

アメリカがイラクに侵攻した時点で国連意味ないなと思いましたが


3 ● homettp600
●30ポイント

アメリカは自国こそが世界の中心であり、世界を制御できると信じているからです。

アメリカ以外が核を放棄した場合、紛争を起こしたり、世界の秩序を乱したら核で攻撃する、と脅迫でき、そうすると誰もアメリカに逆らわず平和になる、といった感じですね。

そんなことが実現したら世界はアメリカの思い通りになってしまい、世界中がアメリカの植民地のようなものになりますが。

独裁国家の構造に似ていると思います。時に才能のある独裁者がいると、様々な法や政策で国が潤い、安全になることもあります。ですが、その独裁者がふとおかしくなるとたちまちその国は崩壊します。

そういったことからもアメリカのみの世界独裁は何としても阻止しなければいけないことだと思います。(当然、中国やロシアが放棄するとは思えませんが)。

◎質問者からの返答

他国からこの内容で公式に突っ込まれたときに、どう回答する(した)のか?

というのが一番興味があります。

北朝鮮が今後どうやったら這い上がれるのか?というシミュレーションとともに。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ