人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ベルギーの面白い文化や変わった習慣を教えてくださいm(__)m

●質問者: atsu11
●カテゴリ:旅行・地域情報 ネタ・ジョーク
✍キーワード:ベルギー 文化 面白い
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● Banias
●22ポイント

ベルギー人は自分の誕生日に、ケーキをもらうのではなく、周りの人々にケーキやお菓子を振る舞います。

◎質問者からの返答

そうなんですか!?

ありがとうございます。


2 ● Gleam
●24ポイント

http://linou.blogspot.com/2007/10/traditions-japonaises.html

>ベルギーでは、結婚しても名前は変わるけどお嫁には“行きません”。

>妻の親は妻の親のままで、夫の親は夫の親。


http://blog.goo.ne.jp/albealbe/e/720df15ab26a068349b0c2e5f9af5d2...

ベルギーの生活・家事


http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_be_d1_3.html

■ベルギー人について■


http://www.bel2.jp/eat_drink/chocolate/galette%20des%20rois.html

ガレット・デ・ロワ(galette des rois/王様のお菓子)


http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/data/080626.html

「ビアカフェの貯金箱」


http://www.geocities.co.jp/MusicHall/4053/essay/essay.html

ベルギー人の習慣は、お客をよんだらメインのお皿は、主人が作り、その日のお酒類を食前、食中、食後、デザートと別の種類を料理に合わせて用意して、講釈をたれながら薦めるのも主人の仕事です。料理を出すタイミングなども主人が取り仕切り、あら、まだ召し上がっている方があるでしょ?などと奥様に言われたら平に謝り、奥様が席を立つことはありません。普段でも料理は半々、奥さんだけが忙しく夕食の準備をする家庭は、私のまわりの友人達にはありません。食後のあと片付けは男の仕事、奥様方が食後酒などを楽しんでいる間に、デザートの準備をしなくてはなりません。ベルギーの男性は忙しいのですが、イタリアの男は何もしません。

◎質問者からの返答

いろいろな習慣があるんですね^^

ありがとうございます。


3 ● こっば
●18ポイント

フランダースについて

http://old-yellow.com/flandre/flandre.htm

ベルギーではハンカチは鼻をかむものです。出来るだけ大きい音を立ててかむのが正しいマナーで、プオーッとものすごい音を立てて鼻をかみます。まるで象です。日本のようにそっとかむのが正しいマナーとは逆で、初めてこれを聞くとギョッとします。ですから、ベルギー人に手を拭くためにハンカチを貸してあげるのは大変失礼なことになります。涙や手はティッシュで拭きます。ベルギーでは洗濯は90度から100度の大変熱いお湯でします。ですからこんな習慣になったのでしょうか。ついでに、ベルギーでは忘れ事をしないためにハンカチを結んでポケットにしまう習慣があります。ハンカチはしょっちゅう使うので、出した時に結んであるのを見て気がつくということでしょう。

ベルギーの男の人は寝る時にパンツとパジャマと両方をつけて寝ることはありません。パジャマを着る時はパンツははきません。パンツをはくときはパジャマは着ません。ラクダのシャツと股引がくっついたようなのを着て寝る人もいます。これは実際に見たわけではなく、ベルギーの人と結婚している人に聞いたことですから誤解なきよう。

パブやレストランのトイレにはトイレットおばさんがいます。身奇麗にして座って編物などをしていることもあります。トイレを使ったらこのおばさんに10フラン(約30円)を払います。おばさんは便座をきれいに拭いて次の人が気持ちよく使えるようにしてくれます。入った後に見られると思うと、人間きちんと使うものですから、トイレは常に清潔できちんとしています。大変気持ちがいいです。

ドアを閉めるときは必ず後ろに人が来ていないか確認し、来ていたらその人のためにドアを抑えておきます。後ろを見ないでバーンと閉めてしまう人は野蛮人とみなされます。ドアを必ず抑えてくれる人々を見ていると、本当にうれしい気持ちになり、自分も次に続く人のためにドアを抑えなくっちゃと思います。何だかこういう事ってとっても大事な気がします。スーパーでもきちんと列を作って並んでいますが、弱そうな女性だと思うと、「お先にどうぞ」と順番を譲る男性が結構います。常にこんな風にされると人間、優しい気持ちになりますよね。

ベルギーはしょっちゅう霧雨のような冷たい雨が降ります。しょっちゅう降るせいかどうか分りませんが、余り傘をさしている人を見ません。男の人は帽子(ハンチングのようなやつ)、女の人はビニールの紐のついたスカーフのようなものをバッグから出してかぶります。

外国は土足・・・と思われている方が多いでしょうが、やっぱり泥がついた靴で家を歩いたりするのはいやです。ですから、家に帰ったら部屋履きに履き替える人が多いです。靴の形をしていますが、靴よりももっと柔らかくて掃きやすい靴です。但し、お客様が家に来た時は履いている靴のままお通しするのがマナーです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● gtore
●26ポイント ベストアンサー

http://petst.jp/doc/library/lib046/index.html

「ベルギーのネコ祭り」

3年に1回、ベルギーにある街、イーベルでは“Cats Parade”というネコのお祭りが開催されます。

ネコのコスチュームに身をまとった人達や、ネコのグッズがあふれ、カラフルに街を染めていく賑やかなお祭りですが、その起源はちょっと悲しいお話にあります。


中世のヨーロッパでは「ネコは平和を掻き乱す者」「悪魔(魔女)の仲間」と信じられていた為、多くのネコが犠牲になりました。この時代には、年に一度のお祭りの最後の日を「ネコの水曜日」として、鐘楼の上から生きたネコを投げ下ろしたのです。この慣習は数世紀にわたって続き、1817年まで行われていたといいます。


[ご参考]

http://scoobies.txt-nifty.com/kyo/2004/12/post_9.html

◎質問者からの返答

ネコ祭り、おもしろいですね^^

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ