人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本史のとんでもない異説について教えて下さい。
例えば、武将の○○は実は女性だったとか、○○は生き延びていたとか、そんな類の話です。
なるべく、学識のある人が提唱していて、ある程度検証もされていて、信憑性がそこそこある話でお願いします。

●質問者: kai11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:女性 提唱 日本史 武将
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Gleam
ベストアンサー

http://homepage3.nifty.com/bunmao/0417.htm

聖徳太子は実在の人物ではない!?


2 ● Baku7770

そういったのが良ければ、上杉謙信女性説は有名です。

生存説なら源義経明智光秀

異説ですから、信憑性を問われてもなんとも言いようがありません。

他にも、家光は徳川家康と春日局の間にできた子。

徳川綱吉にいたっては妻の無理心中で死んだに始まって色々異説の多いことで知られています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%B6%B1%E5%90%89


3 ● Hyperion64

『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』を擁護する古田武彦氏でしょうか。

東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)は東北地方のありえない古史を書いてあるとされてます。中世、津軽半島の十三湊にアラビア人など多数の異人がきて栄えたとか。安東氏が実在して、十三湊が繁栄したのは事実ですが、カソリック教会まではなかったでしょう。本当ならば楽しいのですが。

歴史研究者の古田武彦氏には批判派と賛成派がいます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ