人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今使われている脱脂粉乳は、いつ頃どのように作られているものなのでしょうか。


●質問者: surippa20
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:脱脂粉乳
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● mdfmk
●34ポイント

私の調べたところによると、13世紀にタタール人が持ち運びの利便さのために粉乳を使用。

http://www.j-milk.jp/publicities/8d863s000005gbg9-att/8d863s000005gbjv.pdf


1872年に噴霧乾燥法が開発され、1925年以降に日本で導入されました。

http://www.weblio.jp/content/%E7%B2%89%E4%B9%B3

http://www.rupot.com/calorie/milk/powderedmilk.htm


その後、製法が改善されて現在に至るようです。


その後?現在までの改善の例:


森永乳業の1997年の特許、「加熱処理脱脂粉乳及びその製造法」

加熱処理を行うことにより、風味が良くなるらしいです。

http://www.patentjp.com/10/A/A100095/DA10006.html


インスタント化

噴霧乾燥した粉乳を、いったん湿らせて粒子を結合させて粗い粒状にし、再び乾燥させることによって、水になじみやすく溶けやすい性質を与えることをインスタント化といい、この処理をしたのを、インスタント粉乳といいます。

http://www.zennyuren.or.jp/milk_no_yakata/chishiki/kagaku/kona.htm


2 ● うぃんど
●33ポイント

>今使われている脱脂粉乳

震災前か、それとも後かという質問だと思いますが、脱脂粉乳はほぼ国内生産でまかなわれており、民間在庫が常に数か月分もありますので特定は難しいです

http://www.alic.go.jp/content/000071358.pdf

http://www.alic.go.jp/live_top/sys/list.asp?order=TIME

脱脂粉乳の賞味期限はおおよそ1年ということから逆算すれば、エンドユーザー向け製品であれば震災後である可能性が高く、業務向けは在庫次第で最長1年というくらいのあまりに大雑把な範囲のものになりますね

>どのように作られている

既に回答がありますので割愛


3 ● こっば
●33ポイント

今使われている脱脂粉乳は、いつ頃どのように作られているものなのでしょうか

http://turezureysd.blog24.fc2.com/blog-date-20110213.html

http://item.rakuten.co.jp/mamapan/362140/#362140

賞味期限の目安:90日以上

歴史(日本)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E8%84%82%E7%B2%89%E4%B9%B3

日本の学校給食では1950年代半ばから通常の牛乳に切り替わり始め、早くも1966年に、札幌市では姿を消した(国内では1970年代までは供されていたと推定される)。 現在、日本では年間約135万トンが製造されており、内、北海道産が約9割を占める。用途としては調整牛乳の成分調整用、食品原料、製菓原料、一般家庭の調理用などに用いられる。

脱脂粉乳の製造する会社も少なくは無いようです。

今はこんなふうになっています。

http://www.kenkou-hd.com/group/konyusha.html



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ