人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

金融機関での代理店営業と個人向けリテール営業の違いってなんでしょうか?

現在、証券会社で個人向けの営業をしております。
転職の話が来ておりポジションは代理店営業職です。
選考を受けようと考えていますが、個人への営業と代理店営業の違いがあまりパッときません。
個人向けがB to C であるのに対し代理店営業はB to Bといのは分かります。
代理店営業のおもしろさや個人営業と違う所などがあったら教えていただきたいです。

●質問者: まっく
●カテゴリ:就職・転職 経済・金融・保険
✍キーワード:けが ポジション リテール 代理店 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mdfmk
●50ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1134743459

過去の質問を引っ張ってくるだけで申し訳ないのですが、この件の回答が参考になりそうです。


2 ● deflation
●50ポイント

詳しい条件が分かりませんが、その代理店営業というのは、毎月決められた金融商品を自己資金で仕入れて販売(販売先はBでもCでもかまわない)するという形態ではありませんか?

よく確認された方が良いと思います。

◎質問者からの返答

具体的に書きますと保険になります。

街中にある保険屋さん(最近だとショッピングモール内にもありますね)といった代理店に対して、自社の商品を販売してもらう為の営業支援を行うそうです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ