人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プロイセン邦有鉄道(プロイセンほうゆうてつどう、ドイツ語: Preu?ische Staatseisenbahnen)は、プロイセン王国が所有し運営していたプロイセンの国鉄である。日本語ではプロイセン官有鉄道、プロイセン国鉄などとも呼ばれる。プロイセンの邦有鉄道には独立した鉄道組織はなく、各鉄道管理組織が当初通商省の管轄下に置かれ、後にはそこから分割された公共事業省の管轄下に置かれていた。
ドイツでは、1871年にプロイセン王国・バイエルン王国・ザクセン王国・バーデン大公国・ヴュルテンベルクなどのドイツ語圏の多くの領邦からドイツ帝国が成立したが、それ以前に多くの領邦は独自に鉄道を有していた。各領邦の鉄道は、次第に運営上の協力を深めてはいったが、ドイツ帝国成立後も第一次世界大戦後までそれぞれに独立したまま運営された。

こんな昔から国鉄があったなんて、感動ですね!

●質問者: red_helmes
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ザクセン ドイツ ドイツ帝国 ドイツ語 バイエルン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● fire_exit
ベストアンサー

確かに!史料映像とかないんですかねー

そういう資料館とかドイツにないのかな

◎質問者からの返答

映像見たい!!


2 ● yasai_kudamono

私も見たかったなーその光景

◎質問者からの返答

ですよねー

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ