人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカのドラマを見ているとピーナッツアレルギーの人がよく出てくるのですが、日本では聞いたことがありません。日本やヨーロッパにもいるのでしょうか? アメリカだけ多い理由も知りたいです。

●質問者: 海音寺五十二
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:アメリカ アレルギー ドラマ ピーナッツ ヨーロッパ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
ベストアンサー

http://www.sympo.jp/faq/form/contribution3.html

日本国内にもピーナッツアレルギーの患者さんは結構な数おられるかと思います。

ヨーロッパもおられるとは思うのですが、ちょっと例は見当たりませんでした。

http://blog.tabista.jp/ichiba/2005/10/post_17.html

アメリカにおけるピーナッツは我々日本人にとっての大豆のような位置づけかなぁ、と思います。ピーナッツはピーナッツバターなどに加工され、サンドイッチの具材とされたり、ソースの隠し味になったりして様々な食物に使用されています。私たちにとって大豆は味噌や醤油になるように身近な食品として存在しているのでしょう。

そういう意味において、アメリカではピーナッツアレルギーが多いように見えるのかも知れません。入ってくる料理が多ければそれを除去してほしいという行動が日常的に起きますからね。


そういう意味では欧米にそばアレルギーがあるんかなぁ? と、ちょっと思ったりも。あちらでもそばはクレープやパンケーキの材料として使用されることもありますが、日本などと比べてそれを食べる機会が少ないはずですから。……そばアレルギーって結構重篤な例が多いんですけどね。

◎質問者からの返答

日本より身近ということなんですね。

そういわれればそうですね。

ありがとうございました。


2 ● 宇治茶漬

日本にも、ヨーロッパにもピーナッツアレルギーの人は居ます。

顕在化していないだけです。

アメリカのドラマに多いのは単に日本との消費量の違いと、

以前カナダでピーナッツを食べた相手とキスしたらそれで

アレルギーを起こして死亡したという事故がありましたので、

そのインパクトでアレルギー→ピーナッツとなったのではないでしょうか。

逆に日本だと「鯖にあたってじんましん」に当たると思われますが、

鯖をあまり食べない地域ではドラマにしようにも鯖そのものが

分からないため、取り上げないだけではないでしょうか。

◎質問者からの返答

キスして死ぬのはインパクトありますね。

ご回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ