人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一休さんのように「このはし渡るべからず」といわれて、「端っこを渡った」というような言葉の同音意義語に関する頓知話で、日本のものではない、外国の民話を教えてください。

同音異義語にこだわりませんが、言葉と意味の恣意性にからむ頓知話や勘違い話をお願いします。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:一休さん 勘違い 同音異義語 外国 恣意
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● サディア・ラボン
●100ポイント

イスラエルでは、

「この土地の上で豚を飼ってしならない」

という法律があります。


ユダヤ人は、豚は穢れた動物と考えているので、

豚肉を食べませんが、

外国人に豚肉を売って儲けている人が、

高い床の上で豚を飼って、

「私は豚を飼っています???(above)この土地で。だから、豚を飼うな??(on)この土地、には反してません。」

と言い訳をして無罪になりました。


on(アル)だと、地面にくっついてて、

above(マアル)だと、地面にくっついてません。

http://translate.google.co.jp/#en|iw|Don't%20breed%20pigs%20on%20the%20land.%0D%0Aon%0D%0A%0D%0AI%20breed%20pigs%20above%20the%20land.%0D%0Aabove

http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/Butaniku_kihi.htm

◎質問者からの返答

さすがユダヤ人は、頭がはたらきますね。

ほかにもたくさんありそうですね。

ユダヤ以外の話もあれば、ぜひお願いします。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ