人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

30代以上の方対象。販売・売掛金管理に関する質問です。

●質問者: yukizou333
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:100人 SOx法 あなた なう はま
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 120/120件

Q01.あなたの現在の所属部署を教えて下さい
A. 営業・販売
17
A. 経理・財務
8
A. 購買
3
A. システム管理
18
A. その他
74

Q02.あなたの現在の役職をひとつだけ選んで下さい
A. 経営者・役員
14
A. 部長
5
A. 課長
5
A. 係長・主任
15
A. 一般社員
49
A. その他
32

Q03.あなたの勤務先の従業員数(会社全体)であてはまるものを選んで下さい
A. 5人未満
25
A. 5?30人未満
26
A. 30?50人未満
9
A. 50?100人未満
6
A. 100?300人未満
18
A. 300?500人未満
8
A. 500?1000人未満
8
A. 1000人以上
20

Q04.あなたの勤務先は以下のどれにあてはまりますか
A. 上場企業
23
A. 非上場企業
97

Q05.販売・売掛金管理業務おける情報システムを使用していますか
A. はい
46
A. いいえ
26
A. 分からない
48

Q06.与信限度枠を遵守した受注・販売業務を行っていますか
A. 行っている
32
A. どちらかと言えば行っている
18
A. どちらとも言えない
27
A. どちらかと言えば行っていない
6
A. 行っていない
37

Q07.受注価格、値引等の販売価格の承認プロセスが構築されていますか
A. されている
30
A. どちらかと言えばされている
20
A. どちらとも言えない
28
A. どちらかと言えばされていない
10
A. されていない
32

Q08.売上計上基準(検証基準、出荷基準等)が明確化されていますか
A. されている
35
A. どちらかと言えばされている
19
A. どちらとも言えない
28
A. どちらかと言えばされていない
9
A. されていない
29

Q09.売上計上の適切性について定期的にサンプルチェックがされていますか
A. されている
29
A. どちらかと言えばされている
17
A. どちらとも言えない
30
A. どちらかと言えばされていない
13
A. されていない
31

Q10.請求書の価格や条件が正しいことが適切に承認されていますか
A. されている
35
A. どちらかと言えばされている
21
A. どちらとも言えない
30
A. どちらかと言えばされていない
7
A. されていない
27

Q11.情報システムにおけるアクセス権限、職務分掌が適切に管理されていますか
A. されている
38
A. どちらかと言えばされている
22
A. どちらともいえない
28
A. どちらかと言えばされていない
10
A. されていない
22

Q12.売掛金残高確認を定期的に行っていますか
A. 行っている
35
A. どちらかと言えば行っている
24
A. どちらとも言えない
30
A. どちらかと言えば行っていない
7
A. 行っていない
24

Q13.売掛金年齢表を定期的に確認し、期日を過ぎた原因等を調査していますか
A. している
30
A. どちらかと言えばしている
14
A. どちらとも言えない
37
A. どちらかと言えばしていない
12
A. していない
27

Q14.顧客からの入金額と請求金額の照合が適切にされ、消込を行っていますか
A. 行っている
45
A. どちらかと言えば行っている
22
A. どちらとも言えない
30
A. どちらかと言えば行っていない
4
A. 行っていない
19

Q15.売掛金引当金基準が明確化されており、適切な処理・承認が行われていますか
A. 行われている
39
A. どちらかと言えば行っている
13
A. どちらとも言えない
35
A. どちらかと言えば行っていない
10
A. 行っていない
23

Q16.金融商品取引法における内部統制報告制度を知っていますか
A. 良く知っている
21
A. 何となく知っている
32
A. 知らない
67

Q17.会社法における内部統制システム構築について知っていますか
A. 良く知っている
24
A. 何となく知っている
34
A. 知らない
62

Q18.米国SOX法(サーベンス・オクスリー法)を知っていますか
A. よく知っている
15
A. 何となく知っている
29
A. 知らない
76

Q19.内部統制について次のどれが最もあなたの考えにあてはまりますか
A. 企業内のモラル向上に貢献している
29
A. 様々なリスク対応に効果的である
25
A. 社員相互の情報共有・意思疎通を高める
6
A. 経営者理念を明確にし、企業価値を高める
7
A. 業務の見直しなどを通じて、企業の競争力向上につながる
9
A. 業務効率化に反する
6
A. 形式的に対応すればよい
8
A. 社員相互間の信頼関係を損なう
0
A. 米国式の考えであり、日本企業には不要である
0
A. 不正の削減にはならない
30
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ