人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「被曝」という言葉を、「放射線を浴びる」という意味ではなく「放射線による健康被害を受ける」という意味で使う誤用が一部で広まり始めているようです。
発見した実例:「子どもたちは0.3mSv/yでも被曝すると信じている人」(mixiにて)。
同様に「被曝」という言葉を誤用している実例を教えてください。
※「友人からのメールで」というのは許容範囲としますが、ネット等ソースが明らかなものを優先します。


●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:mixi ソース ネット メール 健康被害
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●1ポイント

某Q&Aサイトの質問ですが、「被爆したとして、うつるのでしょうか?」というのがありました。漢字も間違っていますが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

これはちょっと微妙ですね。「放射線を浴びたとして、うつるのでしょうか」という質問だと解釈すれば、被曝の意味自体は間違ってないと思われます。

質問文の人は、0.3mSv/y以下では「被曝」していないと思っているので、それと同類の思い込みをしている人を教えていただければ幸いです。


2 ● kanan5100
●100ポイント ベストアンサー

http://bbs.mmo-station.com/bbs/bbstalk/cbbs.cgi?forum=184&view=1300385715&vline=50&pos=1

50 名前 空白さん - 2011/03/22(火) 15:58:37 ID:jN1fvmGoUw

人災による放射線を伴う事故としては12年前の臨界事故

が記憶に新しいですが、当時は1ミリシーベルト(1000マイクロシーベルト)でも被曝と呼ばれていたんだなぁ…

http://twitter.com/naoki_eguchi/status/51949070650048512

180ミリシーベルトで被曝した作業員がいたが(屋内は約400ミリ)今回は1000ミリシーベルト超でも被曝しないと評論家は言っている。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

まさにこういう例を探していました(さすがkananさん)。

ちなみに国語辞典ではこうです。

【被曝】放射能にさらされること。

ウィキペディアの出だしはこうです。

被曝(ひばく)とは、放射線や化学物質にさらされることをいう。

健康被害がある量かどうかはまったく関係なく、とにかく少量でも放射線にさらされたら「被曝」といえますね。


3 ● hanako393
●19ポイント

放射能を浴びても被爆しない人もいた

http://blue-galactic.jugem.jp/?eid=184

このブログの記事タイトル。


いたるところで見かけますよ。

「被曝」を「被爆」と書く人が多いのも原因だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

タイトルが大胆な間違い方ですね!

でも、確かに、今の日本だと、放射能を被曝していても誰も被爆はしてないとは思います。


4 ● メガネ
●0ポイント

つまり放射線ヨウ素をごく微量あびただけでも被曝なんですか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E6%9B%9D

◎質問者からの返答

放射線ヨウ素を浴びるというのは「放射性ヨウ素の放射線を浴びる」だと思いますが、ごく少量だろうとなんだろうと「放射線を浴びる」ことが「被曝」ですから。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ