人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

漢方の気血水による分類
当帰芍薬散は補血薬、桂枝茯苓丸は水毒に使うなど
漢方と気血水の対応がわかるサイトや表などありましたら教えてください。
もちろん効能が1:1ではありませんから、気血双補剤や、?血・補血両方など
といった対応が分かればと思います。

●質問者: NishidaTetsuo
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:サイト 対応 漢方 芍薬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
●100ポイント ベストアンサー

ご要望に沿っているかどうかわかりませんが、探した中からいくつか。


病証→処方の対応で良ければ、中医学基礎理論(弁証論治・事典) でしょうか。

表の項目をクリックすると、説明のページが読めます。

同じサイトの、例えば 漢方薬ツムラ一般薬あいうえお(50音)順目次 などに、処方→病証のわかるものもあります。


文章になりますが、漢方医学概論 も、気血水それぞれに対応する処方がわかるページだと思われます。


『冷えの漢方治療』

http://aih-net.com/medical/depart/kanpo/iryou/kanpokouza/001.pdf

も参考になるかもしれません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ