人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フランスの詩人に贈られる称号「le prince des po?tes」について学ぶのに最適な文献を教えて下さい。ネットではロンサールのWikipediaで「詩人たちの君主」と紹介されていますが、私の知る限りそのように訳された例は他に見当たりません。これには何かソースがあるのでしょうか?「詩の王子」と直訳されたり「詩王」や「詩聖(通常、杜甫を指すので適切とは思えませんが)」と訳され紹介されている事がありますが、文学者の間では、一般的に何と訳されてきたのでしょうか?
参考URL:http://fr.wikipedia.org/wiki/Prince_des_po%C3%A8tes


●質問者: イン・マイ・メモリー
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:LE PRINCE TES URL Wikipedia
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv

ルコント・ド・リールの場合は、詩王が多いですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AB

他にも詩王という訳を良く見かけました。

ただ、仰るように杜甫を示す場合が多いですし、フランスの中の称号なので適切では無いと思います。


「詩人たちの君主」のソースは見つかりませんでした。


称号に限ったことではありませんが、海外の称号の場合、有名な方の訳がソースとして定着するようなことが多いと思われます。

通常、そのような状態になるまで、海外の称号をそのまま使用するか、皆が自由に訳してしまう状態になっています。

le prince des po?tesも、まだ、定着する日本語訳が無いものと思われますので、正式に使用する場合には、「le prince des po?tes」を使用するのが良いと思います。

◎質問者からの返答

suppadvさん、早速ありがとうございます。

そうなんです、WEB上ではたしかに定着していないようにみえますよね。

ただ、ヴェルレーヌやマラルメ、シュペルヴィエル、コクトーと錚々たる詩人が受け継いだ称号の日本語訳が、イギリスの「桂冠詩人」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E5%86%A0%E8%A9%A9%E4%BA%BA)みたいに定着していないのがしっくりこないのです。明治以降、鴎外や上田敏、荷風、堀口大学によって象徴詩が盛んに翻訳されたり研究された時代の文献に、何かしら言及されているはずなんですが、ソースがなかなか見つからないのです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ