人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【ペットボトル入り1.5?サイダーの保存方法について気になりだしました】
ワインは、空気が極力入らない(酸化を防ぐ)ようにするためにコルクで栓をしているほうを下側にしていると以前なにかで見たか聞いたのですが、開封済みのサイダーの炭酸が抜けにくくするのにも、同じく逆さまにして冷蔵庫に入れておくか蓋しているほうを下側にしておくことで多少の効果はありますか? それとも逆効果ですか?
教えてください。

●質問者: やっくん。
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:たか コルク ペットボトル ワイン 冷蔵庫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● seble

ワインを寝かせるのはコルクが乾燥しないようになので、プラキャップのペットボトルに意味はありません。

ペットボトルをつぶして空間をなるべく減らす事で多少の効果はありますが、それでも炭酸が抜けるのを防ぐ事はできません。

二酸化炭素を注入して加圧まですれば大丈夫ですが、普通のボトルではできません。

サイダーとか糖分がかなり入っており、骨(歯も)のカルシウムを溶かします。飲み過ぎに注意しましょう。

飲むなら100%果汁に限る。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

飲みすぎとバランスにも注意します。


2 ● weathercaster
ベストアンサー

逆さまにしても効果はゼロです。空けるときに多少振ることになるからマイナスです。

炭酸の抜ける量は、ペットボトルの空気のスペース分で決まります。1.5Lのペットボトルに1L(空気0.5)と0.5L(空気1)では、長い時間おけば後者がほぼ倍抜けます。

長い時間おくなら、500mLのペットとかに詰め替えるとかが良いです。

(移し変えるときに結構抜けるので、保管期間によっては逆効果ですが)

ワインのコルク栓は密閉で無いので話が異なります。乾いていると空気を通すので、濡らして密封に近くしているイメージです。

ペットボトルが密封で無い場合は、逆さにすると漏れ続けますのでいずれにしても薦めません。

◎質問者からの返答

いろいろ解決しました。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ