人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本の割引に関する質問です。

例えば、
著者および出版社がどちらも同意している場合、
著書の開催するセミナーなどで、著者本を定価の半額で売ることは可能でしょうか。

一般の書店の書籍においては、
取次ぎなどの問題もあるためか定価のみ、となっているかと思いますが、
上記のケースではどうでしょうか。教えて頂きたいです。



●質問者: tai2006
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
✍キーワード:いるか どうでしょう セミナー 出版社 同意
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● どたん
●50ポイント

可能です。

非再販本フェアのような形を取り、時限的に非再販価格にすることができます。


詳しくは「部分再販と時限再販」をご覧ください。


2 ● sibazyun
●50ポイント

合意していれば可能ですが、それは、本の卸価格をだれが負担するかの合意ができている限り、ということです。

たとえば、出版社は取次店に定価の6割で本を卸すとします。すると、定価の5割で本を売るわけですから、1割は、出版社が宣伝費として持つ、セミナーなどのイベント側が費用に含めて負担する、著者が持つなど。なお、著者は普通、一定部数の本はただでもらえますが、他は卸価格で買うなどします。

なお、上記は、出版社から著者あるいはセミナー側に本が卸せるものとしました。間に取次ぎや書店が入らない場合です。それらが間に入っても、どこかが販促費用として持つならばよいです。


3 ● mdfmk
●50ポイント

色々と面倒なので、出版元には一応話を通しておいて、

Amazonで著者が自分で買って半額で販売するのが良いかと。


Amazonでのランキングもちょっと上がりますし。


4 ● hanako393
●50ポイント

期間を区切って非再販本フェアを開催

雑誌の時限再販

雑誌の定期購読者割引

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E7%B6%AD%E6%8C%81

可能です。

現在では上記のようなことが行われていて、公正取引委員会も今では許容してます。

この手の話は、出版社の方が詳しいのでOKを出した出版社に確認をしてみれば問題ありません。

どうしても無理でしたら、新古本として新品の本として販売しなければ問題にもなりません。ただし、実態が新古本でなければなりません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ